Voicyの月間ユーザー数が250万人突破! 会社員もラジオ配信を行う時代が到来か

株式会社Voicyが手掛ける音声プラットフォーム「Voicy」の月間アクティブユーザー数が、3月時点で250万人を突破したと同社が発表した。わずか3ヶ月で2.5倍に増えたというアクティブユーザー数。その伸び率の主な要因は音声SNSであるクラブハウスの人気にあったようだ。音声メディアへの関心は今後も広がりを見せ、Voicyのような、ビジネスやプライベート、両方で楽しめる気軽なラジオ配信が一般化していくのかもしれない。

日本発の音声メディア「Voicy」

自ら音声配信を行う需要が高まっている傾向に

 別名“声のブログ”ともいわれているVoicy。ラジオのように「台本があってCMが流れる」というしっかりとした枠組みがあるのではなく、配信者が雑談形式で話題を進めていくことが多い。音声を投稿するユーザーには著名人や専門家など多種多様。ビジネスやエンタメ系、ライフハックなどを気軽に聞くことができるため、ラジオ番組よりもゆるく楽しみたいという方にはぴったりのサービスだと言えるだろう。2020年には無料でラジオ番組が聴けるサービス「Podcast」の人気番組も放送しており、ビジネスでもプライベートでも使える音声メディアとして今後も注目の的となりそうだ。
 聞く側としてサービスを利用してもよいが、操作も簡単で気軽に配信者になることができるのも魅力のひとつだろう。Voicy専用アプリで録音すればすぐにアップロードされるわかりやすいシステムも好評だ。スマートフォンひとつで収録が可能なためツイッターやフェイスブックとの連携もしやすく、リスナーとの距離も近くなる。音声SNSのように、音声メディアを使った新たなコミュニケーションが期待できそうだ。

Voicyの月間ユーザー数が250万人突破! 会社員もラジオ配信を行う時代が到来かのページです。オトナライフは、【SNSVoicyラジオ放送音声SNS】の最新ニュースをいち早くお届けします。