米国版「Yahoo!知恵袋」終了、日本版も時間の問題? 後を絶たない“ネタ投稿”と“カオス化”

あなたは「Yahoo!知恵袋」を利用したことがあるだろうか。自ら質問者や回答者として利用したことはなくても、すでに解決した質問の回答を見て、参考情報として利用した経験があるという人は多いのではないだろうか。「文献を漁るほどではないけど、ちょっと知りたい」「友達に聞く感覚で気軽に情報を得たい」そんな時にちょうどいいのがYahoo!知恵袋だ。
そんなYahoo!知恵袋のアメリカ版にあたる「Yahoo Answers」が、2021年5月4日をもってサービスを終了することが発表された。

アメリカ版知恵袋がサービス終了…日本版Yahoo!知恵袋への影響は?

(Image:Postmodern Studio / Shutterstock.com)

誰でも回答できることから「誤情報が多い」という指摘も上がっていたYahoo Answers

 現地時間4月5日にサービス終了が発表されたYahoo Answers。4月20日から読み取り専用モードとなり、5月4日以降はアクセスするとアメリカ版Yahoo!のトップページに転送されるようになるという。なおYahoo Answersを運営するVerizon Mediaは、日本のYahoo!との繋がりはなく、サービス終了にともなうYahoo!知恵袋への直接的な影響は発生しない。
 Yahoo Answersは、以前から誤情報が多いことが指摘されていた。利用ユーザーに宛てたメールでは、「Yahoo Answersはかつて当社の製品やサービスの主要部分を担っていたが、利用者のニーズの変化に伴い、人気が低下した」と説明している。今日ではオウンドメディアを活用し自ら情報を発信する企業や、専門家への取材をもとに書かれたネット記事といった“責任のある情報”が数多く存在しており、どこの誰が書きこんだのかわからない“無責任な情報”は、ニーズが激減してしまったのだろう。

米国版「Yahoo!知恵袋」終了、日本版も時間の問題? 後を絶たない“ネタ投稿”と“カオス化”のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスYahoo AnswersYahoo!Yahoo!知恵袋】の最新ニュースをいち早くお届けします。