悪いことじゃないのに、副業を内緒にする理由の2位はイメージが悪い、1位は?

会社からも周囲からも「イメージが悪い」

(Image:media.bizhits.co.jp)

「副業=お金に困っていると思われそう」と感じているようだ(ビズヒッツ調べ)

 同調査の「なぜ副業を内緒にしているのか」という項目についての回答を見てみると、1位はやはり「本業の職場が副業禁止」であることが挙げられた。副業禁止とされている会社では、減給や解雇など厳しい処分を科せられる場合も考えられる。つまり、リスクを負ってまで副業をする人が多いということだ。
 しかし2位以下の結果は「イメージがよくない」「稼いでいると知られたくない」「恥ずかしい」など周囲の目を気にする内容が並んでいる。今後のために自身の収入アップやスキルアップを目的としているならば、とくに悪いことをしているわけでもないのだが、1位も含めて副業に対する世間のイメージはあまりよくないということがうかがえる。

 とはいえ働き方の多様化やコロナ禍での“おうち時間”の増加によって、時間の使い方にも変化が出てきた人も多いはず。さらには、コロナ禍で本業の収入が減り、経済面で深刻な影響を受けた人もいるかもしれない。本業との兼ね合いも見ながら、これから副業に踏み出す人がさらに増えてくることが考えられる。
 政府が国を挙げて推進していることもあり、企業の体制や周囲のイメージなどは徐々に副業を迎え入れる方向に変わってくるだろうか。副業する人たちが働きやすい世の中になることを期待したい。

参照元:【副業がバレた理由ランキング】男女294人アンケート調査【Biz Hits

悪いことじゃないのに、副業を内緒にする理由の2位はイメージが悪い、1位は?のページです。オトナライフは、【マネーサラリーマン副業】の最新ニュースをいち早くお届けします。