日本郵政はどうして今頃普通切手のデザインを変更するのか? 偽造品対策!?

2021年4月13日、日本郵政は普通切手のデザインを新しいものに切り替えると発表した。今回、新デザインになるのは「94円」「100円」「120円」「140円」の4種類。新しい切手の図柄は従来と同じだが、右上に「〒」マーク、左下に「桜」のマークが光で色が変わるパール印刷で追加されているという。でも、どうして今頃、普通切手のデザインを変更するのだろうか? 

普通切手の新デザインは偽造対策だった!

(Image:post.japanpost.jp)

 メールやLINEが普及して縮小傾向にある郵便事業だが、最近は人気キャラをデザインした記念切手なども発売されており、手紙を出さないのに記念切手だけは買ってしまうという人も多いだろう。
 そんななか、日本郵便は2021年4月13日、普通切手「94円」「100円」「120円」「140円」の4種類のデザインを変更すると発表した。図柄は従来のものとほぼ同じだが、右上に「〒」マーク、左下に「桜」がそれぞれ追加されている。それにしても、どうして日本郵便は、今頃普通切手のデザインを変更したのだろうか?
「日経ビジネス」の記事によると、新デザインに変更された理由はズバリ「偽造対策」だそうだ。実は過去に100円前後の切手で偽造品が発見されており問題となっていた。そこで、「〒」マークと「桜」マークには偽造しにくいパール印刷と呼ばれる光沢のあるインクを使用して、光の当たる角度で色が変わるようなっているのである。なお、新デザインの切手の販売は、現行デザインの切手の在庫がなくなったあとになるため、2021年5月以降になると見られている。

(Image:post.japanpost.jp)

今回デザイン変更されるのは「94円」「100円」「120円」「140円」の4種類。右上に「〒」、左下に「桜」のマークがパール印刷されている

日本郵政はどうして今頃普通切手のデザインを変更するのか? 偽造品対策!?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフ切手日本郵政郵便】の最新ニュースをいち早くお届けします。