【ラクマ】商品の横取りの防止策は? キャンセルできるのか解説!

ラクマで商品を横取りされたことはないだろうか。本記事では、ラクマユーザー同士の慣例である、「専用」商品を横取りされないようにするための防止策や、商品を横取りされたときの対処法について解説する。ラクマユーザーはぜひ参考にしてほしい。

【ラクマ】商品の横取りとは?

 ラクマには、ラクマの規約で禁止されていること以外のルールとして、出品者・購入者間での暗黙のルールである、専用出品などさまざまなローカルルールが存在する。本記事では、このローカルルールにおけるトラブルである、「横取り」とはどのようなルール違反であり、横取りを防止できる対処法とはどのようなものがあるのかについて、ルール違反されたときの対応方法も交えながら解説する。
 はじめに、本項目では「横取り」とはラクマにおけるどのようなルール違反のことなのかについて解説するので、ラクマ初心者の方や「横取り」とはどのようなルール違反なのかご存知ではない方は参考にしてほしい。

・購入予定者の専用ページから別の人が購入すること

 ラクマでのルール違反の一つである横取りとは、出品者に専用出品してもらった商品を本来の、専用出品の購入予定者以外の人が購入するルール違反である。
 ラクマにおける「専用出品」とは、出品者と購入を希望する購入予定者がお互いの合意のもとに、その商品は当該購入予定者が購入すると言った約束を行い、出品者がラクマに出品されている当該商品のタイトルや説明に「〇〇様専用」といった文言で名前を付けて、その商品の購入者を指定する出品のことだ。
 ただし、ラクマでの専用出品された商品についても、購入予定者以外の人も通常の商品と同様に購入することが可能だ。そのため、購入予定者以外のユーザーが専用出品で出品されている商品を購入すると言ったルール違反が発生する。
 なお、出品者は購入予定者以外のユーザーが購入してもそのまま実際の購入者と取引を続けることができるが、購入予定者とトラブルになる可能性もある。

専用出品とは、ラクマの商品ページのタイトルなど誰でも購入予定者がわかる形で、購入予定者の名前が書いてある商品のことだ。この場合、その商品は出品者と購入予定者間で購入の約束が取り交わされているため、別の人は購入しないのが専用出品のルールだと言える。ただし、専用出品についてはあくまでも商品のタイトルや説明で「専用」と謳っているだけなので、購入予定者以外のユーザーでも専用出品商品を購入することができる

・値下げ交渉をした後に別の人が購入すること

 ラクマの専用出品商品の横取りはとくに、値下げ交渉後に発生しやすいルール違反だ。ラクマでは購入予定者が出品者と交渉を行い、値下げ交渉ができるので横取りを行うルール違反者は値下げ交渉後の商品を狙う傾向にある。

ラクマでは出品者と購入者間で値下げ交渉が頻繁に行われている。また、ときより購入希望者同士で交渉合戦が行われることもあり、目ざといユーザーは専用出品になったあとに横取りすることが多い。なお、出品者から見ると購入金額は変わらないのでそのまま実際の購入者と取引対応を続けるユーザーも多い

【ラクマ】商品の横取りの防止策は? キャンセルできるのか解説!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフラクマ楽天】の最新ニュースをいち早くお届けします。