【Android】リカバリーモードの起動方法を機種別に解説!

【Android】リカバリーモードの使い方

 これまでAndroid端末でリカバリーモードを起動さる方法を紹介した。しかし、Android端末のリカバリーモードの使い方は通常のスマホ操作とは異なり、画面のタッチ操作を行うことができない。そのため、初めてリカバリーモードを起動した方の多くがリカバリーモードの使い方で悩むことだろう。
 そこで、本項目ではAndroid端末のリカバリーモードの使い方として、Androidを初期化するリカバリーモードの使い方と、リカバリーモードの使い方として初心者が迷いやすいリカバリーモードの解除方法について解説する。
 初めて、リカバリーモードを利用する方はこれから紹介する使い方を参考にして、リカバリーモードを活用してほしい。
 なお、リカバリーモードではスクリーンショット機能を利用することができない。そのため、本記事での解説で利用している画像はAndroid端末の画面を直接撮影したものであり、少々不明瞭な部分があるので注意してほしい。

【使い方①】Androidを初期化する

 リカバリーモードの使い方として、リカバリーモードから強制的にAndroid端末を工場出荷状態へ初期化する方法を紹介する。リカバリーモードを利用する方の最も多い使い方が、Android端末を起動できなくなったときの強制初期化だ。
 Android端末には、なんらかの原因で端末を起動できなくなったときのために初期化用のリカバリー領域が用意されている。リカバリー領域には工場出荷状態のAndroid端末のソフトウェアが格納されており、リカバリーモードではこのリカバリー領域からソフトウェアを呼び出してAndroid端末を工場出荷状態へ初期化することができるのだ。

Android端末でリカバリーモードの起動コマンドを利用して端末を起動すると、そのままリカバリーモードで起動する端末もあるが、その前にメニューが表示される端末もある。そのようなAndroid端末では、端末の音量ボタンを使って「Recovery Mode」を選択して電源ボタンで決定することで、メニューからリカバリーモードを起動しよう。なお、リカバリーモード中の操作はすべて音量ボタンと電源ボタンを使ったボタン操作で行うことになる。また、音量ボタンのアップとダウンいずれかしか利用できない場合もあるので、リカバリーモードを起動したときにはまずは、音量ボタン・電源ボタンがどのように操作ボタンとして割り当てされているか確認しよう

リカバリーモードを起動したら、リカバリーについての各種メニューが表示される。本項目で紹介する初期化方法では、Android端末をリカバリーモードから工場出荷状態へリカバリーする。その場合、リカバリーモードのメニューから「Wipe data/factory reset」というメニューを選択して実行する。「Wipe data/factory reset」とは、「データ消去/工場出荷状態へリセット」という意味だ

工場出荷状態へ初期化する前の最終確認が表示されるので、「Yes」を選択して実行する。なお、この画面では「Wipe all user data? THIS CAN NOT BE UNDONE! (すべてのユーザーデータを削除しますか?この操作は取り消しできません)」というメッセージの確認画面だ

【使い方②】リカバリーモードを解除する

 リカバリーモードの使い方として、リカバリーモードを解除する方法を紹介する。リカバリーモードでは、通常のAndroid端末のようなタッチパネル操作は行うことができない。操作方法や画面表示も通常の状態とは大きく異なる。そのため、リカバリーモードを不意に起動してしてしまった場合など、リカバリーモードの解除方法が分からなくなる方が多い。
 本項目では、リカバリーモードを解除する方法を紹介するので、リカバリーモードを初めて利用する方や、リカバリーモードの解除方法をご存知でない方は必ず覚えておいてほしい。
 なお、リカバリーモード中でも電源ボタンを長押しすることで強制的にシステムをシャットダウンさせることはできるが安全のためにも、リカバリーモードを操作してリカバリーモードを解除する方法を利用しよう。とくに、データを初期化中などシステムのリカバリー中は絶対に強制終了はしないようにしよう。リカバリー中にシステムを強制終了すると最悪の場合、Android OSが起動できなくなる。

リカバリーモードを解除する方法の一つに、リカバリーモードからAndroid端末を再起動して通常通り起動する方法がある。この場合、リカバリーモードの項目で「Reboot system now (今すぐシステムを再起動)」を選択して実行する

リカバリーモードを解除するもう一つの方法に一度、Android端末をシャットダウンしてから手動で通常起動させる方法がある。この場合、リカバリーモードの項目で「Power off」を選択して実行する

【Android】リカバリーモードで初期化するときの注意点

 Androidのリカバリーモードを利用する多くの方の利用方法が端末の初期化だ。しかし、リカバリーモードで端末を初期化するのにはいくつか注意点がある。本項目では、Androidのリカバリーモードで端末を初期化する際の注意点について解説するので、リカバリーモードを使った端末の初期化を検討している方は、必ず初期化操作前にこれから紹介する項目について注意してほしい。

・端末にある全データが削除される

 Androidのリカバリーモードから端末を初期化すると、端末に保存されているユーザーデータ、アプリ、設定などすべてのデータが削除されてしまい、端末上のストレージのデータは完全に工場出荷状態に初期化されてしまう。
 そのため、Android端末をリカバリーモードから初期化する方は、初期化操作前に必要なデータは必ずバックアップを取得しておこう。さらに、SDカードを挿入している場合には一度、SDカードを抜いてから操作を行うことをオススメする。リカバリーモードにはSDカードに関する項目もあるので誤ってその操作を行ってしまうと、SDカード内のデータも削除されてしまう恐れがある。
 なお、Android端末が工場出荷状態になるといってもAndroid OSのバージョンはダウングレードされない。Android OSのバージョンは初期化した際のバージョンに維持される。

※サムネイル画像(Image:Mr.Mikla / Shutterstock.com)

【Android】リカバリーモードの起動方法を機種別に解説!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidリカバリーモード】の最新ニュースをいち早くお届けします。