格安スマホ乗り換え意向ランキング! 3位au「povo」、2位ドコモ「ahamo」、1位は?

2020年の末から大きく動き始めた携帯料金の値下げ競争。ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルのキャリア4社ともに新たなプランを設定しユーザーの獲得に注力している。そんな中、格安SIM(格安スマホ)ユーザーを対象とした乗り換え意向の調査結果が発表された。その中で見えてきたのは、とあるキャリアの圧倒的人気で…。
今回は、キャリア業界の勢力図を大きく変えることになるかもしれない、新プラン開始後のユーザー動向を考えていきたい。

楽天モバイル、乗り換え意向調査で1位を獲得!

(Image:bitwave.showcase-tv.com)

格安スマホユーザーは半分以上が元のサービスに残るようだ(bitWave調べ)

 4月19日に発表されたのは、スマホの最新情報メディア・bitWaveが実施した「格安SIM利用者動向 2021年4月」の調査結果だ。その内容によれば、現在格安スマホを利用しているユーザーのうち、新プランが続々とサービスを開始したこの春に「他社への乗り換えを検討している」と答えたユーザーは38.6%となった。

 乗り換え検討中のユーザーにどのサービスへと乗り換えようとしているかをたずねる設問では、3位となったauの「povo」、2位のドコモ「ahamo」を抑えて1位に輝いたのは楽天モバイルだった。
 その支持率は43.0%と過半数に迫る勢いで、ahamoも24.9%と健闘したが大きく離れた2位となるのが精いっぱい。3位・povoと4位のソフトバンク「LINEMO」にいたっては、それぞれ7.3%、6.2%ともはや他の格安スマホの競うレベルに。あらためて楽天モバイルの圧倒的な人気を浮き彫りにする結果となった。

格安スマホ乗り換え意向ランキング! 3位au「povo」、2位ドコモ「ahamo」、1位は?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidahamoauLINEMONTTドコモpovoスマホソフトバンクランキング格安スマホ楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。