【Chrome】「応答時間が長すぎます」の原因と対処方法を解説!

Chromeでインターネットサイトを閲覧している際に、応答時間が長すぎますという表示が出たことはないだろうか。Chromeでこのようなエラーが出る場合は、ネットワークの接続やサーバに不具合が発生している可能性がある。本記事では、エラーの原因と対処法を解説していく。

【Chrome】「応答時間が長すぎます」の原因は?

 Chromeでインターネットサイトを開いた際に、なかなかサイト画面が出ずに応答時間が長すぎますという表示になってしまうことがある。目的のサイト画面が表示されないため、イライラしてしまうこともあるだろう。この応答時間が長すぎますという不具合の原因は、ネットワークの接続タイムアウト・ネットワーク環境・サーバ・Chromeに問題があることが考えられる。ここでは、応答時間が長すぎますという表示になってしまう原因について解説していく。ぜひ参考にして欲しい。

【原因①】ネットワークの接続タイムアウト

 Chromeでインターネットサイトを開いた際に、サイト画面が出ずに応答時間が長すぎますという不具合が起きる原因は、ネットワークの接続タイムアウトが考えられる。ネットワークの接続タイムアウトとは、Chromeでインターネットサイトを閲覧する際にサーバーへのアクセス権限を要求してもサーバーからの応答がないために、時間切れになってしまう現象のことだ。Chromeでインターネットサイトを閲覧するためには、サーバーからの応答がないとインターネットサイトを閲覧することはできない。では、何故サーバーからの応答がない状態になってしまうのか、その原因はネットワーク接続に不具合が起きているためだ。ネットワーク接続の不具合とは、Wi-Fi接続でインターネットサイトを閲覧した際、Wi-Fiの電波状況が悪いために、応答時間が長すぎますという不具合が起きる。Wi-Fi環境下では無線でインターネットサイトを閲覧するため、どうしても電波状況に影響される。

【原因②】ネットワーク環境に問題がある

 Chromeでインターネットサイトを開いた際に、サイト画面が出ずに応答時間が長すぎますという不具合が起きる原因は、ネットワーク環境に問題があるためだ。ネットワーク環境とは、利用しているモデム・ルーターからパソコンやスマホまでのネットワーク接続に不具合が生じていると考えられる。ネットワーク環境に原因があるかどうか確認するためには、接続しているネットワークを変更してみることだ。たとえばWi-Fi接続していた場合は、モバイル通信に変更してみるとよい。変更したネットワークで接続できるのであれば、利用しているネットワーク環境に問題があることが分かる。

【原因③】サーバに問題がある

 Chromeでインターネットサイトを開いた際に、サイト画面が出ずに応答時間が長すぎますという不具合が起きる原因は、サーバに問題があるためだ。サーバとは、インターネットサイトを運営しているサービス提供者側にあるコンピューターのことである。Chromeでインターネットサイトを閲覧するためには、サーバへアクセス権限を要求し、それに対してサーバーからの応答がないと閲覧することはできないのだ。そしてサーバからの応答がない場合、サイトにアクセスが集中し過ぎてサーバ自体が処理しきれなり、応答時間が長すぎますという不具合になった可能性もある。よって、サーバに不具合が発生している場合は、応答時間が長すぎますというエラーが起きる。

【原因④】Chromeに問題がある

 Chromeでインターネットサイトを開いた際に、サイト画面が出ずに応答時間が長すぎますという不具合が起きる原因は、Chrome自体に問題があるためだ。Chromeは、インターネットサイトを閲覧するためのブラウザだが、ブラウザ自体に不具合が発生している場合は、応答時間が長すぎますという現象が起きる。Chromeによる応答時間が長すぎますというエラーは、アップデートした後すぐに起こることがある。また、Chromeの設定にある拡張機能が原因でインターネットサイトが開けなくなることもある。そして、Chromeに原因があるかどうかは、他のブラウザであるIEやMicrosoft Edgeなどでインターネットサイトが開けるかどうかを確認することで分かる。

【Chrome】「応答時間が長すぎます」の原因と対処方法を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogleGoogle Chrome】の最新ニュースをいち早くお届けします。