フェイスブックが乱立ぎみの音声SNSに参戦! けど自分のサービスの強みを忘れてない?

フェイスブックが、招待制音声SNS・クラブハウスへの対抗サービスを発表した。音声ネットワーク市場への関心の高まりを受けたかたちとなり、ポッドキャストへの進出もするという。ツイッターの「スペース」等、類似サービスが一気に誕生しているSNS界隈だが、はたしてフェイスブックは先行するライバルサービスを超えることはできるか。他社の音声サービスが優勢の中、バズるアプリになれるかは疑問だ。

フェイスブックが開発した音声ツールとは

(Image:Ink Drop / Shutterstock.com)

乱立ぎみの音声関連サービスにフェイスブックが参入

 4月19日、フェイスブックがかねてから噂されていたいくつかの音声関連サービスを正式に発表した。今年に入って急速に知名度が上がり話題となった音声SNS・クラブハウスに追従するかたちで、既存のSNSサービスがこぞって音声関連サービスをリリースしている。
 フェイスブックが新たに始めるのは、クラブハウスと同じように特定の話題について話し合うための「Live Audio Rooms(ライブオーディオルーム)」をはじめとした複数の音声サービスだ。今後さらに盛り上がると期待されるポッドキャスト分野を目した長い音声データの共有ツールは、音楽配信サービスSpotify(スポティファイ)と統合することでシームレスな体験を提供するよう。また「Soundbites(サウンドバイツ)」と名付けられた短い音声ファイルを共有するサービスも開発中だという。これは現在フェイスブックの傘下にあるインスタグラムの一機能であり、TikTok(ティックトック)の競合とされる「リールズ」を音声に特化させたサービスのようだ。

フェイスブックが乱立ぎみの音声SNSに参戦! けど自分のサービスの強みを忘れてない?のページです。オトナライフは、【SNSClubhouseFacebookLive Audio Rooms音声SNS】の最新ニュースをいち早くお届けします。