【悲報】楽天モバイル、MNPのiPhone対応機種範囲は拡大せず

「楽天モバイルがiPhoneの販売をスタートする」という発表が行われ、iPhoneファンをはじめ多くのスマホユーザーから注目を集めている。しかし「販売をスタートする」ことは、iPhoneユーザー全員が現在使っているiPhoneを持って楽天モバイルに移行できるというわけではないことにご注意いただきたい。今回は、一部のユーザーをぬか喜びさせたかもしれない“一部ご利用いただけない機種”のiPhoneについてお伝えしていきたい。

MNP(ナンバーポータビリティ)の対応機種範囲は変更なし

(Image:network.mobile.rakuten.co.jp)

楽天モバイルはiPhone 12シリーズの取扱いをスタートさせる

 4月22日の発表によれば、楽天モバイルで販売されるiPhoneの機種は「iPhone 12 Pro Max」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12」「iPhone 12 mini」「iPhone SE(第2世代)」の5機種だ。さらに4月21日にアップルが発表したiPhone 12・iPhone 12 miniの新色「パープル」も扱うことになるという。

 ではMNP(ナンバーポータビリティ)で、他社からiPhoneを持って移ってくるユーザーにはどこまでの機種が対応しているのだろうか。楽天モバイルのHP上で「Rakuten UN-LIMIT VI」に対応しているiPhoneを確認してみると、販売される5機種は当然のこと、「iPhone 11」シリーズや「iPhone XR」といった機種は対応しているものの、「iPhone X」を境に「ご利用いただけません」となってしまっている。詳しくは→こちらの記事で確認してほしい。(※注:4月23日時点 今後、iOSを14.4にアップデートすれば「iPhone 6s」以降の機種でも対応可能になることが発表されている)
 ただしこれはiPhone販売開始を発表する前から示されていた内容と変わらない。新たにiPhone競争に参戦するものの、あえてサポート範囲を絞って対応の負担軽減を図ったのかもしれない。徹底的なコストカットがあったからこそ、「データ使用量1GBまで0円」という常識を超えたプランを提示していると考えれば納得かもしれない。

【悲報】楽天モバイル、MNPのiPhone対応機種範囲は拡大せずのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhoneMNP楽天楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。