2021年3月度テレビCM回数ランキング、1位ワイモバイル、2位UQ mobileと格安スマホが上位を占める!

株式会社ゼータ・ブリッジの発表した「2021年3月度 企業別テレビCM放送回数」によると、同ランキングの1位、2位がとある同一業界の企業となったことが分かった。実はこの結果は、「2021年3月」という時期が大きく関係していると予測される。今回は、この2021年3月というビジネスのチャンスに見え隠れする各社の思惑と、強気な数字の裏に隠された、ある“狙い”について考えていきたい。

格安スマホ2社がTOP2を独占!

3月に印象に残っているCMありますか?

 毎日目にする機会のあるテレビCM。「最近このCMやたらと観るな…」なんて思ったことある人も多いだろう。そんなテレビCMの3月度の放送回数(全国地上波25局・BS放送6局合計)のランキングがゼータ・ブリッジによって公開された。
 1位になったのは「ワイモバイル(Y!mobile)」(放送回数6,429回)、2位には「UQ mobile」(放送回数4,549回)、3位にリクルートホールディングスの「スタディサプリ ENGLISH」(放送回数4,396回)が続いた。ワイモバイルとUQ mobileという、いわゆる“格安スマホ”と呼ばれる業界2社のCMがワンツーフィニッシュを飾っているという結果になった。みなさん、「確かに3月は格安スマホのCMを見る機会が多かった」と納得できる結果だっただろうか。

2021年3月度テレビCM回数ランキング、1位ワイモバイル、2位UQ mobileと格安スマホが上位を占める!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidUQ MobileY!mobileスマホテレビCM放送回数ランキング格安スマホ】の最新ニュースをいち早くお届けします。