【週末JRA天皇賞、オススメ情報・買い方!無料公開】数分で750万円、驚異の収入を誇る騎手も女の時代?天皇賞も女傑に大注目!

天皇賞(春)を制したキタサンブラックと武豊騎手

 4月17日の新潟競馬場でJRA初の偉業が成し遂げられた。今年デビューした二人の女性騎手である古川奈穂騎手と永島まなみ騎手、そして2016年にデビューした藤田菜七子騎手の3人、つまり現在JRAに所属する唯一の女性騎手3人が、1着から3着まで独占という見事な騎乗を見せたのだ。

 この結果で3人が手にした報酬は合わせてなんと62万5000円。1着の古川騎手が38万円、そして2着の藤田菜七子騎手が15万円、3着の永島騎手は9万5000円という金額であった。騎手は賞金以外にも、騎乗手当などが1レースあたり4万円以上支給されることもあり、1日10レースに騎乗すればそれだけで40万円以上の収入。それにレースの賞金も加われば、一般サラリーマンやOLでは想像もできない収入となっている。例えば今週行われる天皇賞(春)を勝てば、騎手は750万円もの大金を手にできるのだ。今後は彼女達がさらに大きな舞台で、歴史に残る偉業を成し遂げてくれることを期待したい。

 今やJRAは女性騎手だけでなくレースでも牝馬の活躍が目まぐるしい。特にここ数年はアーモンドアイ、グランアレグリア、リスグラシュー、クロノジェネシスと入った女傑が牡馬を圧倒。今年に入ってもレイパパレが大阪杯でコントレイルを破るなど、牝馬の勢いを見せている。そしてその流れは、今週行われる第163回天皇賞(春)でも引き継がれそうだ。

 今年は牝馬のウインマリリン、カレンブーケドール、メロディーレーンが参戦。特にウインマリリンは前哨戦の日経賞(G2)で牡馬に快勝、そしてカレンブーケドールはジャパンカップ(G1)2着の実績の持ち主である。仮に牝馬が春の天皇賞を制することができれば、それは1953年のレダ以降68年ぶり、そしてグレード制が導入されてからは初の快挙となる。

 そもそもこの天皇賞はとにかく荒れるレースだ。その証拠に過去10年で145万馬券が1回、100円が10万円以上の払い戻しとなる10万円馬券は5回も飛び出している。まさにファンとマスコミ泣かせの難解なレースだが、その波乱のカギを握るのは「関西馬」だ。

 この10年で8番人気以下の人気薄で馬券に絡んだ8頭のうち、なんと7頭が関西馬。馬券に絡んだ30頭を見ても、関西馬が21頭、関東馬が8頭、外国馬が1頭と関西馬が圧倒している。例えば2016年に13番人気で2着に好走した、関西馬カレンミロティックの成績は驚きの一言だ。 同馬はこのレースまで13着→15着と大敗を続け、前走の阪神大賞典は6着であったが勝ち馬から1.1秒も離されていた。それがこのレースで13番人気の低評価を覆し、あわや勝利というキタサンブラックの2着に好走。ほとんどのマスコミは同馬を無印にしていただけに、まさかの結果だった。

13番人気ながら世紀の大激走を見せたカレンミロティック

 同馬はその後8戦全敗し引退しているが、なぜここで好走できたのか、それを説明できる者は一部を除いていないだろう。しかし、もしその激走を事前に把握していれば、そのレースで驚きの万馬券を的中させることができたのだ。そう、チェックメイトのように…

 関西馬情報のスペシャリストである「チェックメイト」は、騎手として日本ダービーを制し、調教師としてオークスを制する偉業を達成した元JRA騎手・元JRA調教師の清水久雄など、業界内で誰もが一目置く超大物競馬関係者を筆頭に、多数の情報網が在籍している。そして彼らは関西馬が拠点とする栗東トレーニングセンターの目前に本拠地を構え、24時間365日関西馬のありとあらゆる情報を入手できる態勢が整えている。

 つまりチェックメイトの前にはどんな関西馬情報も筒抜けであり、彼らだけが本物の関西馬情報を入手することができるのだ。前述したカレンミロティックの激走も、チェックメイトはその情報網によって事前に把握しており、なんとそのレースでは13番人気の同馬を本命に指名して万馬券を的中させていたというから恐れ入る。

 そして注目すべきは、そのチェックメイトが今週行われる天皇賞(春)において、そのカレンミロティックに匹敵する人気薄激走関西馬情報を掴んでおり、しかもその情報を【無料で公開】するというのだ。彼らが語るその関西馬とは?そして気になる配当は?交渉の末、情報の一部を明かしてもらうことができたので公開しよう。

「今年の天皇賞(春)も自信を持って情報公開します。2016年に13番人気の関西馬カレンミロティックの激走情報をスクープし、馬連2万0160円の万馬券を的中させていますが、今年は天皇賞の前哨戦である阪神大賞典(G2)にて、人気薄関西馬ナムラドノヴァン(9人気3着)の激走情報などで3連単12万0400円の特大万馬券も仕留めており、当時よりも情報入手の体制は万全です。

 昨年の牡馬三冠馬コントレイルが不在で、なおかつ菊花賞馬のワールドプレミア、菊花賞2着のアリストテレスが前哨戦で敗れていることから混戦模様となっています。場合によっては、関東の牝馬カレンブーケドールが人気を集めそうな雰囲気でもあります。しかしチェックメイトが掴んだ情報は『あの関西馬で決まり』というもの。

 関西馬で有力どころは、ディープボンド、ワールドプレミア、ユーキャンスマイル、アリストテレスあたりの名前が挙がりそうですが、『本物の関西馬情報』を入手できるチェックメイトでは、これらの有力馬の『本物の状態』を入手。その取捨についても正確にジャッジできる自信があります。

ディープボンドが勝利した阪神大賞典は12万馬券を的中!

 そして、毎年のように波乱を演出する『人気薄関西馬』の存在も入手済。この『人気薄関西馬』が激走すれば、阪神大賞典のように衝撃の10万馬券を再び手にすることも十分可能でしょう。

 今年の天皇賞は、例年以上に『本物の関西馬情報』を入手することが重要となりますが、一般の競馬ファンや通常のマスコミがそれを入手することはまず不可能と言えるでしょう。しかし関西馬情報に特化したチェックメイトでは、すでに『本物の関西馬情報』を入手しております。そしてレース当日、自信を持ってその情報と3連単勝負買い目を無料公開しますので、ぜひ遠慮なくご利用ください」(チェックメイト担当者)

 現在プロ野球では関西の阪神タイガースが、ルーキー佐藤輝明選手の活躍などもあって首位に立つなど、圧倒的存在感を見せている。時代は関西なのか?もしそうであれば、この天皇賞も関西馬の勢いに乗るしかない。そして馬券で勝利し、夢のような払い戻しを手にするためにも、チェックメイトの情報は必須だ。ぜひこの週末、そして来週以降のNHKマイルカップや日本ダービーに向けても、チェックメイトが無料で公開する関西馬情報をしっかり活用しよう。

CLICK→【無料公開!天皇賞3連単勝負買い目・関西馬情報】チェックメイト

*本稿はPR記事です。

【週末JRA天皇賞、オススメ情報・買い方!無料公開】数分で750万円、驚異の収入を誇る騎手も女の時代?天皇賞も女傑に大注目!のページです。オトナライフは、【マネーJRAディープボンド天皇賞競馬】の最新ニュースをいち早くお届けします。