スシロー人気に対抗? 「くら寿司」がシャリ推しからネタ推しの刺身販売をスタート!

スシローやはま寿司、かっぱ寿司など、大手チェーン店がしのぎを削る回転すし業界。そんな中で、新鮮な寿司をリーズナブルに楽しめる回転寿司で独自のキャンペーンやサービスを実施してきたくら寿司が、新たな一手を講じた。これまでありそうでなかった刺身メニューの展開で来店客の満足度を上げ、業界での存在感もアップさせることができるか。今回はそんなくら寿司の動向を伝える。

おつまみ需要を受けて刺身販売をスタート

「五種盛り」と「七種盛り」の2種類のメニューを展開予定(写真はイメージです)

 日本トレンドリサーチが2021年1月に発表した回転すしチェーン店に関する調査で「満足度が高い回転すし店」に輝いたのは、くら寿司ではなくスシローだった。“手巻き寿司”としてネタとシャリ・海苔を分けて提供するなど、いち早くテイクアウトメニューを充実させたスシローに軍配が上がったようだ。そんなスシローは満足度だけでなく、2020年11月に発表した9月期の売上高でも2,049億円と、コロナの影響を感じさせず前年を上回る結果に。満足度が売り上げに直結していると言えそうだ。

 そんな競合のスシローに後れを取りつつあるくら寿司が、4月23日から一部店舗で同社初の刺身のテスト販売を開始した。これまで「シャリカレー」や「シャリコーラ」など、ユニークなシャリメニューを展開してきたくら寿司。低価格でもおいしい寿司を提供してきたくら寿司のこだわりといえばこれまではシャリだったが、シャリ推しからネタ推しにシフトし、刺身販売を開始。くら寿司の岡本浩之取締役は刺身の販売理由について「お酒の販売が増えているお店が多くなっていますので、『お寿司ばかりだとお腹が膨れるから、お刺身も出してほしい』という要望が非常に強くなった」と来店者のニーズを語った。

スシロー人気に対抗? 「くら寿司」がシャリ推しからネタ推しの刺身販売をスタート!のページです。オトナライフは、【グルメかっぱ寿司くら寿司スシローはま寿司回転寿司】の最新ニュースをいち早くお届けします。