「携帯ショップでスマホのみ販売拒否」が話題! 端末だけ買うメリットってなに?

ITmediaの報道によると「携帯ショップにおいて回線契約をせずにスマホだけの単体販売を拒否する場合がある」ことが問題になっているという。だが、この記事で注目されているは、“携帯ショップでスマホだけを買う人がいる”という事実である。そもそも携帯ショップでスマホだけ買えることを知らなかった人も多いと思うが、いったいどんな理由で、わざわざ携帯ショップでスマホだけを買う必要があるのだろうか……。

携帯ショップでスマホを単体購入できるって知ってた?

(Image:yu_photo / Shutterstock.com)

 2021年4月26日、ITmediaの「回線契約ない客への端末販売拒否が横行 総務省の覆面調査で明らかに」という記事が話題となっている。この記事は「現在、携帯ショップではスマホと電話回線の分離販売が義務付けられているのに、総務省が覆面調査したところ、スマホのみの単体販売を拒否する場合があった」というもの。その背景については、東洋経済オンラインの記事が詳しく解説しており、販売店のスマホ仕入価格がキャリアの直販価格と同じなので売るだけ赤字になるといった、いびつな裏事情があるそうだ。
 だが、この記事でもっと注目を集めているのは、そもそも「携帯ショップでスマホを単体購入できる」こと。そして、「携帯ショップでスマホだけを単体で買う人がいる」という事実である。あまり知られていないが、実は総務省は2019年に法改正してまでスマホと電話回線の分離販売を実現した。これによって携帯ショップでスマホだけを単体購入できるようになっていたのである。それにしても、わざわざ携帯ショップで回線契約をせずにスマホだけ買う意味などあるのだろうか?

長年、大手キャリアは、2年間の長期契約によりスマホを実質0円で販売するような“抱き合わせ商法”を行っていた。総務省はこれを止めさるために「スマホと回線の分離販売」を強行。結果的にahamoのような格安新プランが登場することになる

「携帯ショップでスマホのみ販売拒否」が話題! 端末だけ買うメリットってなに?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidauNTTドコモスマホ販売拒否ソフトバンク】の最新ニュースをいち早くお届けします。