iOS 14.5のマスク姿でiPhoneロック解除には賛否両論? Apple Watchを買わせる導線なのか?

iOS 14.5のリリースで、iPhoneでマスクを着用したままロックが解除できるようになった。コロナ禍で常にマスクをするようになり、顔認証ができずに困っていたユーザーには朗報だ。「iPhone 5s」から指紋認証が採用されていたが、「iPhone X」から指紋認証がなくなり顔認証のみとなっていた。そのため比較的新しいiPhoneを使っているユーザーは、マスクをしているとロックが解除されず、わざわざパスコードを入力しなければならなかった。指紋認証や顔認証が当たり前になったいま、毎回パスコードを入力するのは小さなストレスだった。今回その煩わしさがなくなるということで、喜びの声が多数上がっている。しかしその一方で、この機能を使うには「Apple Watch」が必須となることから「Apple Watchを買わせる戦略なのでは」という声も。また、マスクをしていれば本人以外の顔でもロックが解除されるらしく、現状では賛否両論あるようだ。

そもそも顔認証にApple Watchが必須なのはなぜ?

(Image:Anna Hoychuk / Shutterstock.com)

Apple Watchユーザーは全世界で1億人を超えると言われている

 そもそもなぜこの機能にApple Watchが必須なのかというと、Apple Watchが“鍵”代わりになっているから。顔認証の際にマスク姿の人を認識すると、iPhoneはすでにペアリングされているApple Watchを探す。そのApple Watchの「手首検出」がオンになっているうえで、手首に装着されロックが解除されていると、iPhoneの持ち主が操作していると判断し、ロックが解除される仕組みだ。
 たしかに、Apple Watchがロック解除において大切な鍵となっているのがよく分かる。しかし、アップル製品であるiPhoneを愛用している人でも、対応しているApple Watch(watchOS 7.4 以降を搭載した Apple Watch Series 3以降のもの)を持っていなければこのサービスが受けられないのは少し不平等なのかもしれない。「マスク姿での顔認証」という課題に立ち向かう時に、Apple Watchを介せずとも、目元のみで判別する技術を開発する方向性はなかったのだろうか。

iOS 14.5のマスク姿でiPhoneロック解除には賛否両論? Apple Watchを買わせる導線なのか?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidApple WatchiOS 14.5iPhonewatchOS顔認証】の最新ニュースをいち早くお届けします。