Amazonで「置き配」指定した荷物が持ち帰られてしまった! これどうすればいい?

不在連絡票のQRコードから簡単に再配達依頼できる!

 現在Amazonでは、ヤマトや佐川急便などの大手配送業者ではなく、複数の中小配送業者「デリバリープロバイダ」とも契約している。今回の不在連絡票は「デリバリープロバイダ」のもので、もしかすると配送業務に不慣れなアルバイトのような人だったのかもしれない。
 いずれにせよ、再配達を依頼しなければならないので、とりあえず不在連絡票のQRコードをスマホで読み取ってみる。すると、Amazonの配達状況が表示されるので、「再配達を依頼する」を選択して日時を指定しよう。「注文が正常に再スケジュールされました」と表示されればOKだ。とはいえ、また置き配で「宅配ボックス」を指定すると、同じことが起きるかもしれない。そこで今度は、置き配を「玄関」に変更しておいた。これで、無事に再配達手続きをすることができた。

電話でも依頼できるが、とりあえず、「インターネット再配達受付」と書いてある部分のQRコードをスマホで読み込んでみる

すると商品の配達状況ページが開くので、「再配達を依頼する」をタップ(左写真)。次に再配達の日時を指定して「再配達を依頼する」を押そう(右写真)

「注文が正常に再スケジュールされました」と表示されればOKだ。そのあと、筆者は置き配の方法を宅配ボックスではなく「玄関」に変更することにした

 結局、翌日の午前中にちゃんと玄関の前に荷物が再配達されていた。それにしても、昨日、宅配ボックスが満杯だったのなら、インターフォンで「玄関に置いてもいいか?」と一言尋ねてくれればよかったのに……などと、筆者は多少モヤモヤしながら1日遅れで荷物を無事に回収できたのである。

翌日、なんとか商品を受け取ることができた。「荷物をお客様に直接手渡しました。」なっている。それにしても、どうして宅配ボックスに入れてくれなかったのかイマイチ納得はできない……

●Amazon「配送業者の連絡先情報」(公式)は→こちら

※サムネイル画像(Image:Koshiro K / Shutterstock.com

Amazonで「置き配」指定した荷物が持ち帰られてしまった! これどうすればいい?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフAmazon置き配】の最新ニュースをいち早くお届けします。