AirDropは危険!? あなたの個人情報、共有データと一緒に簡単に飛ばされているかも

デバイス内の画像や動画、ファイルに至るまで様々なデータを迅速かつ容易に共有することができる、アップルデバイス搭載の便利機能「AirDrop」。Androidユーザーからしても「自分たちのスマホにもこんな機能があったらいいのに」と羨ましがられる機能ではないだろうか。しかしそんなAirDropが個人情報を流出している危険性のある機能であることがわかり、その欠点の発見者たちは警鐘を鳴らしている。

簡単にデータ共有ができる便利機能

AirDropでは10GB以上の動画でも送信が可能

 AirDropとはiPhoneやiMac、iPadなどのアップル製品間においてWi-FiとBluetooth Low Energyを利用し、簡単にデータ共有ができる機能のこと。AirDropは「すべての人」「連絡先のみ」「受信しない」の3つの設定から選ぶことができる。「すべての人」に設定している場合は、同じく「すべての人」設定になっている人であれば連絡先を知らなくてもやり取りが可能なのだ。この場合もしかしたら「電車内や公共の場などで急に知らない人からデータが送られてきた」なんて経験がある人もいるかもしれない。

 さらに、AirDropのメリットは高画質を保てること。メールやLINEなどの通信機能を使用してファイル容量の大きな画像や動画を送ると、送信時に圧縮され、ある程度画質が落ちてしまう。しかしAirDropの場合はほとんどの場合高画質のまま相手に共有する可能となる。
 5Gなど超高速通信システムも導入されてきているが、そもそもAirDropはインターネット通信が不要なため、ネット環境の悪い場所でもデータ共有ができるのだ。

AirDropは危険!? あなたの個人情報、共有データと一緒に簡単に飛ばされているかものページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAirDropiPhone】の最新ニュースをいち早くお届けします。