キャッシュレス決済「ポイント格差」意図的に貯めた、貯めないで10年後には大きな差に?

株式会社クロス・マーケティングによる「ポイントに関する調査(2021年)」が発表された。その結果によると、カードを使ってポイントを貯めている人は全体の9割以上、アプリを使ってポイントを貯めている人も7割オーバーと非常に多くのユーザーがポイントを利用していることが分かった。今回はそんな調査結果から、実はもっともポイントに興味津々な層と、その中で今後起こるであろうポイント格差の危険性について考えていきたい。

近年その重要度がどんどん高まる「ポイント」

ポイント貯めていますか?

 キャッシュレス決済の定着と共に、その重要度を増していった「ポイント」。今やちょっとした「おまけ」という感覚ではなくなり、ユーザーが利用サービスを選ぶ決め手となりうる大事な要素となっている。とくに、ポイントを「できるだけ無駄にしたくない」、「多く獲得したい」というユーザー意識が高まり、1つのグループに生活のサービスをすべてまとめる「経済圏」というライフスタイルが昨年度は大きな注目を集めた。
 しかし、ネット上では毎日のように「経済圏」、「ポイ活」、「高還元」などの言葉を目にするが、皆さんの周りは実際にはどうだろうか。厳密にポイントを稼いでいく人もいる一方で、「全くポイントに興味がない」そんな人もいるのではないだろうか。

キャッシュレス決済「ポイント格差」意図的に貯めた、貯めないで10年後には大きな差に?のページです。オトナライフは、【マネーQRコード決済キャッシュレスポイント格差経済圏】の最新ニュースをいち早くお届けします。