【iTunes】ライブラリを移動するには? バックアップしてからの復元は?

【iTunes】ライブラリやメディアファイルのバックアップ方法

 iTunesのライブラリをバックアップするための準備ができたら、外部ドライブへバックアップしておこう。PCからPCへ直接データを移動するためのツールもあるが、万が一、なんらかの不具合が起こりデータが移動中に消失してしまう可能性もある。古いPCから新しいPCへのデータ移動時には、iTunesライブラリなどのメディアファイルに限らず、大切なデータのバックアップは必ず取っておこう。

・PCのiTunesアプリケーションの「編集」メニューから、「詳細」をクリックする

 iTunesライブラリのメディアファイルのデータをバックアップする方法は次の手順で進める。最初に、メディアファイルバックアップファイルが作成されているか確認しておこう。まずは、メディアファイルのバックアップが作成された場所をiTunesで確認しておく。

iTunesのメニューバーのメニューから「編集」>「環境設定」とクリックする

「詳細環境設定」の「詳細」を開き「iTunesのメディアフォルダの場所」を確認する

 場所を確認したら、実際にファイルがその場所にあるのか、フォルダを開いて確認しておこう。

PCのエクスプローラを開き「[ユーザーフォルダ名]\Music\iTunes\iTunes Media」のフォルダがあるか確認する

 iTunesライブラリのメディアファイルをバックアップしたフォルダが作成されていることが確認できたら、バックアップしていこう。

・ライブラリを外部ドライブにコピーする

 iTunesライブラリを統合してまとめたデータフォルダを作成したら、そのフォルダを外付けHDDやUSBメモリなどの外部ドライブにコピーしてバックアップしよう。空き容量がiTunesライブラリをバックアップした「iTunes Media」のサイズよりも大きい外付けHDDかUSBメモリなどの外部ドライブを用意する。

 必要な空き容量がわからない場合には、「iTunes Media」の「プロパティ」でフォルダの容量を確認しておこう。容量を確認する手順は次の通りだ。

エクスプローラーで「iTunes Media」を右クリックして「プロパティ」を開くと確認できる。確認したら「OK」を押して閉じる

 バックアップする手順は次の通りだ。

古いPCに外部ドライブを接続して、エクスプローラーを開き、左ペインから外部ドライブを開く

 必要であれば、外部ドライブの中にiTunesのバックアップフォルダを保存するためのフォルダを作成しておこう。

別のウィンドウで「iTunes Media」が保存されているフォルダを開き、外部ドライブへ「iTunes Media」をドラッグしてコピーする

外部ドライブに「iTunes Media」が保存されていることが確認できればバックアップ成功

【iTunes】ライブラリを移動するには? バックアップしてからの復元は?のページです。オトナライフは、【動画・音楽iTunes】の最新ニュースをいち早くお届けします。