iPhone、アメリカの10代で圧倒的人気! 日本とアメリカでガラパゴス化するのか?

今、あなたの手元にあるスマートフォンはAndroidスマホ?それともiPhoneだろうか? Androidスマホは様々なメーカーが開発しておりバラエティ豊かな機種が展開されているものの、モバイル業界のソフトウェアは現状大きく分けてほぼこの2択となっている。どちらを手にするかはもちろん人それぞれ。世界的なシェア率はAndroidスマホが多いと言われているが、昨今はどうなってきているのだろうか。アメリカの若者を対象に行われた調査の、意外な結果を見てみよう。

世界的にはいまだAndroid派多数

(Image:Mr.Mikla / Shutterstock.com)

シェア率の裏側には、価格面もありそうだ

 そもそもAndroidスマホとは、Android OSというグーグルが開発したオペレーションシステムが搭載されたスマホのこと。対してiPhoneは、iOSというアップルが独自で開発、提供しているオペレーションシステムを搭載したスマホだ。Android OSはオープンソースのためグーグル以外でも開発や利用が可能となっていることから、多くの企業によって多種多様な機種が発売されている。

 2014年以降、スマホのAndroid、iPhone、その他ソフトウェアの世界的なシェア率は約6:3:1の割合でAndroidが圧制してきた(2020年6月時点/KANTER社調べ)。中国国内ではAndroidシェア率が83%にも及んでおり、iPhoneユーザーはわずか。ファーウェイやシャオミなどのAndroid OSを搭載した自国メーカーが多いことが、高シェアに影響していると考えられている。
 となれば、アップルが提供するiPhoneは、自国アメリカでどのように受け止められているのだろうか。

iPhone、アメリカの10代で圧倒的人気! 日本とアメリカでガラパゴス化するのか?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidiPhoneガラパゴス化リーカー】の最新ニュースをいち早くお届けします。