東京都で自動車税や固定資産税などを納付できるスマホ決済サービスまとめ 5月6日から新サービスも!

今や税金もスマホ決済サービスで簡単に納付できる時代だ。多少の手数料は取られる場合もあるが、ポイント還元によって得する場合あるし、何よりわざわざコンビニや銀行に行かなくても自宅でサクッと納付できるのが便利。そんななか、東京都は2021年5月6日から新たに5つのスマホ決済サービスを導入した。果たして東京都税の納付に、どんなスマホ決済サービスが利用できるようになったのだろうか?

今や税金はスマホ決済サービスで納付するのが当たり前!

 数年前から、自動車税や固定資産税などの税金や公共料金などを、スマホ決済サービスで支払えるのはご存じだろう。わざわざコンビニや銀行に行かなくても自宅でサクッと納付できるのが便利だ。もちろん、多少の手数料は取られることもあるが、ポイント還元によって得する場合ある。オトナライフでは過去に自動車税をお得に納付する方法を紹介しているので→こちらで確認してほしい。
 東京都では、すでに2020年6月から「PayPay」と「LINE Pay」による税金の納付制度を導入している。筆者が実際に固定資産税をLINE Payで支払おうとした体験談は→こちらで紹介しているが、2021年5月6日から東京都は新たに5種類のサービスを追加した。これによって、スマホ決済サービスによる東京都税の納付は、7種類のサービスから自由に選べるようになったのである。

 

東京都では2020年6月からPayPay(左)とLINE Pay(右)によるスマホ決済サービスに対応している。PayPayはPayPay STEPの特典に応じて0.5%〜1.5%が還元されるが、LINE Payのチャージ&ペイの還元率は2021年5月より一律0.5%に変更されている

(Image:metro.tokyo.lg.jp)

東京都で2021年5月6日より新たに追加されたスマホ決済サービスは、「au PAY」「d払い」「J-Coin Pay」「PayB」「モバイルレジ」の5つだ

東京都で自動車税や固定資産税などを納付できるスマホ決済サービスまとめ 5月6日から新サービスも!のページです。オトナライフは、【マネーQRコード決済キャッシュレス自動車税都税】の最新ニュースをいち早くお届けします。