楽天モバイルで「nanoSIM」から「eSIM」に乗り換える方法! デュアルSIM(DSDV)運用も可能に

月1GBまで0円で維持できるコスパ抜群の「楽天モバイル」。楽天モバイルは物理SIMをささなくても利用できる「eSIM」に対応しているのをご存じだろうか? eSIMを使えばnanoSIMとデュアルSIM運用(DSDV)することができる機種もあるので、たとえば、通話は楽天モバイル、データ通信はドコモ回線の格安SIM(nanoSIM)といった運用方法も可能になる。そこで今回は、楽天モバイルで「nanoSIM」を「eSIM」に乗り換える方法を紹介したいと思う。

「eSIM」対応「DSDV」スマホでデュアルSIM運用したい!

 筆者が楽天モバイルに申し込むとき「nanoSIM」と「OPPO A73」というスマホを同時購入した。そこで、とりあえずOPPO A73にnanoSIMを入れて運用していたのだが、筆者はすでにドコモのガラケーと「LIBMO」というデータ通信専用格安SIM(月3Gで月額1,030円-株主優待割引適用で月額180円)のスマホを持っていたため、現在は3台持ちとなってしまった。お得なLIBMOについては→こちらを参考にしてほしいが、この3台持ちを解消する方法を探ってみたところ、実は楽天モバイルのOPPO A73は、nanoSIMとeSIMによる「DSDV」が可能であることが分かった。
 DSDVとは“デュアルSIMデュアルVoLTE”という意味で、物理SIMカードの「nanoSIM」と本体内蔵チップに書き換えが可能な「eSIM」の両方を同時に4G VoLTEで接続できるというもの。楽天モバイルは1年無料キャンペーンが終わっても、月1GB以下なら無料で通話し放題が利用できるので、データ通信専用の格安SIM(nanoSIM)と合わせて運用すれば、月数百円でスマホを維持できる。もちろん、筆者はDSDV運用を実現すれば、スマホを1台減らすことができるというわけだ。そのためには、まず楽天モバイルのnanoSIMをeSIMに切り替える必要がある。

(Image:network.mobile.rakuten.co.jp)

楽天モバイルの「OPPO A73」は物理SIMの「nanoSIM」と内蔵チップの「eSIM」のDSDVに対応している。これなら、楽天モバイルと格安SIMの同時運用が可能になる!

こちらが楽天モバイルから送られてきたSIMカード。マルチタイプなので標準/micro/nanoの3種類に対応できる

楽天モバイルで「nanoSIM」から「eSIM」に乗り換える方法! デュアルSIM(DSDV)運用も可能にのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroideSIMnanoSIMデュアルSIM楽天楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。