いったいドコモ「ahamo」は誰向けのプラン? 20GBまで使いきれない人続出?

ドコモの新料金プラン「ahamo」の提供がスタートしてから1カ月余り。実際に契約したユーザーからの声が徐々に集まってきた。メインブランドに比べて安価でシンプルな料金プランに対し、携帯料金が大幅に安くなったと喜びの声が上がる一方、「20GBが使いきれない」「10GBプラン切望」との意見もあるようだ。当初はオンラインでの手続きが必要だったものの、4月から全国のドコモショップで対面での有料サポートが開始されたことで想定していたユーザー層以外の関心も高まっているが、格安SIMも含めて買い替えや乗り換えを検討しているユーザーから見るとahamoはアリなのか?特徴を踏まえて考察してみた。

「20GBまで2,970円」だけど使いきれない人続出

(Image:ahamo.com)

約60%の人が通信量3GB未満という利用率を考えると、20GBはどう考えても余るのは当然!

 ahamoの特徴をおさらいすると、料金は2,700円(税込2,970円)の1プランのみ。これまで複雑で選びにくかった携帯電話の料金体系だが、選択肢がない分わかりやすい。データ容量は20GBだが、容量を超過した場合は1GB/550円で追加購入できる。国内通話料金は1回につき5分無料、月額1,100円の追加料金で完全かけ放題にできる。海外でのデータ通信はプランのデータ容量(20GB)に含まれており、追加料金は不要だ。
 また、安価な代わりにオンラインでの手続きのみ……だったがドコモショップでの有料対面サポートが始まったため、「有料サポート受けなきゃいけない時点でahamo不適合」「本末転倒な気がする」などの声が。ただ、チャット対応だったサポートはアクセスが殺到し、つながりにくい状態が続いたようで、オンラインで手続きを終わらせようと考えていたユーザーも対面サポートを申し込むケースがあった。また、ドコモと契約中のユーザーは番号ポータビリティー(MNP)の手続きや手数料はなしでプラン変更ができるため、機種変更を考えていたユーザーが回線契約と同時に端末購入したパターンも少なくないようだ。

いったいドコモ「ahamo」は誰向けのプラン? 20GBまで使いきれない人続出?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidahamoNTTドコモ】の最新ニュースをいち早くお届けします。