【Kindle】自炊で電子書籍にして読む方法を解説!

【Kindle】自炊で電子書籍にするメリット

 これまで、自炊した電子書籍をKindleで楽しむ方法について紹介してきた。これまでの自炊した電子書籍をKindleで楽しむ方法を見て、自炊して電子書籍をKindleで楽しむのは面倒だと感じた方も多いはずだ。そこで、自炊して電子書籍をKindleで楽しむメリットについて解説する。
 自炊して作成した電子書籍をKindleで楽しむメリットとして、Kindleを持ち運ぶだけで、非常に多くの本を持ち運ぶことができ、Kindleが使える場所であればどこでもKindle内にあるお気に入りの自炊した電子書籍を楽しめるというメリットがある。
 また、自炊して電子書籍を作成するメリットにKindleストアや電子書籍ストアで発売されていない本でもKindleで電子書籍として楽しめるというメリットがある。本を断捨離したい場合にも便利だ。
 とくに、大量にある本を断捨離したいという場合には、自炊に必要な裁断機やスキャナーを用意してまとめて自炊してKindleに転送してしまえば、Kindleストアなどで電子書籍版の本を買い直すよりも圧倒的に安く電子書籍化することができる。
 さらに、自炊した電子書籍の場合、電子書籍の各ページをそのまま画像ファイルとして取り出しできるので便利だ。この方法を行うには、電子書籍を作成する方法で紹介したCBZファイルを利用する。

CBZファイルから各ページの画像ファイルを取り出す方法を紹介する。CBZファイルから各ページの画像ファイルを取り出すには、CBZファイルを右クリックして「名前の変更」をクリックする

CBZファイルの名前を編集する画面になったら、「.cbz」という拡張子を「.zip」に変換する

CBZファイルがZIPファイルとしてPCに認識されるので、このファイルを右クリックして「すべて展開」をクリックする

これでCBZファイルの中身を展開できる。展開したフォルダの中を見ると、CBZファイルの中にある自炊した各ページの画像ファイルをそのまま確認することができる。あとは目的の画像ファイルをコピーすればよい

【Kindle】自炊で電子書籍にするデメリット

 前項目では、自炊して電子書籍をKindleで楽しむメリットについて解説した。しかし、自炊して電子書籍をKindleで楽しむ方法についてはデメリットも存在する。自炊して電子書籍をKindleで楽しむデメリットを紹介する。
 自炊して電子書籍をKindleで楽しむデメリットに、非常に手間がかかるというデメリットがある。とくに、Kindleで電子書籍を楽しむ以前に本を裁断して自炊するのはかなり面倒だ。すでに、Kindleで電子書籍として発売されているものをKindleストアで購入すればこのような手間はない。少ない数の本を電子書籍にしたいときには、自炊して電子書籍にするよりも買い直した方が手間もかからず安価な場合もある。
 自炊して電子書籍を作る際には、本を裁断して自炊する。本を裁断するという行為は本を破壊する行為ともいえる。そのため、思い入れのある本や貴重な本を裁断するのにはかなり抵抗を感じる方も多いというデメリットも存在する。

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

【Kindle】自炊で電子書籍にして読む方法を解説!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフAmazonKindle自炊電子書籍】の最新ニュースをいち早くお届けします。