アップル「iOS 14.5」のリリースで注射器の絵文字がワクチン接種仕様に?

アップルが、絵文字に時代に即した変更を加えていることを読者のみなさんはご存知だろうか。それが“注射器”の絵文字なのだ。iOS 14.5のリリースで手を加えられたこの絵文字が意味するところは何なのだろうか…。今回は、絵文字から見る世の中の動きや、そうした変化を取り入れ誰もが納得するかたちに着地させるアップルの時代を読む力をご紹介していきたい。

アップルの絵文字が時代を捉える

自社製品をPRするというおちゃめな一面も

 アップルはiOS 14.5のリリースに当たり、変更・新たに登場させた絵文字は複数存在する。“カップル”の絵文字では、2人並ぶ人の肌の色や性別に多様なバリエーションが選択できるように。ハートの絵文字でも、炎に包まれたハートや、包帯でぐるぐる巻きになったハートなど、近年のSNSをはじめとしたネットでの誹謗中傷被害等を連想させるようなものも出てきている。また、マニアックなところでは、ヘッドフォンの絵文字がアップルのヘッドフォン「AirPods Max」のようなデザインにも変わっているようだ。

 そんな中で注目を集めているのが、注射器の絵文字。これまでは採血を連想させるような赤い血で満たされた注射器のデザインだった。しかし今回の変更では青みがかった透明の液体の入った注射器へとデザイン変更されている。これは2020年から世界的に猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症のワクチンをイメージしているといい、アップルはワクチン接種の動きを後押しする目的なのだという。

アップル「iOS 14.5」のリリースで注射器の絵文字がワクチン接種仕様に?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhone絵文字】の最新ニュースをいち早くお届けします。