iPhone、週間実売ランキング上位を独占! その人気の裏にはあのキャリアの影響も?

現在、iPhoneの売れ行きが好調のようだ。それだけであれば「いつものこと」といった話なのだが、4月半ばには1週間のスマートフォン実売ランキングでトップ4を独占しているのだ。近年はiPhoneのような高価格でハイスペックなスマホだけでなく、そこそこのスペックを手ごろな値段で手に入れられるミドルレンジスマホの人気も高まってきている。そんな風潮があるにもかかわらずiPhoneが上位を独占できたのはなぜだろうか…。今回は、iPhoneの販売に弾みをつけたかもしれない、事象についてお伝えしていきたい。

4月19日~25日スマホ実売ランキングが発表される

(Image:Woraphong Suphutayothin / Shutterstock.com)

iPhoneは世界中で愛されている名機だ

 5月2日、BCNの発表する「BCNランキング」にて、POSデータを基にした2021年4月19日~25日のスマホの実売台数ランキングが発表された。それによると該当期間中に最も売れたスマホは「iPhone SE」だったという。さらに2位には「iPhone 12」、3位・4位にも「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 mini」と、iPhone 12シリーズ3種がランクイン。アップルの代名詞とも言えるiPhoneシリーズが4つ続けて並ぶ格好となった。5位となって韓国・サムスンの「Galaxy A21」が滑り込み、ようやくiPhone以外が顔を出すかたちとなったのだった。
 実は前週となる4月12日~18日のデータでは、3位までの顔ぶれは変わらないものの、4位には中国・シャオミの「Redmi Note 10 Pro」が入っている。また4月5日~11日にも4位はiPhoneではなくシャープ「AQUOS sense4」となっていた。iPhoneシリーズが4位までを占めるのはちょっと久しぶりの話なのだった。

iPhone、週間実売ランキング上位を独占! その人気の裏にはあのキャリアの影響も?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhoneiPhone 12iPhone SEランキング楽天楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。