話題となったアップル「AirTag」もしかして失敗!? 販売開始後に訪れた意外すぎる窮地

4月22日に開催され、大きな話題となったアップルの新製品発表イベント。中でもアップルファンの間のみならず世間の注目を集めたのが紛失防止タグ「AirTag」だ。小さなキーホルダーのような外見で、違和感無く家や車の鍵、財布、かばん等につけることのできるスマートなデザインも好評を博している。しかしそんなAirTagだが調査の結果、多くの人が興味を持ってはいるものの、実際に「買った」という人はまだごく一部であることが判明した。今回は、人気先行で購買につながっていない悲しい実情をお伝えしていきたい。

アップルの新たな挑戦・AirTag

(Image:Jack Skeens / Shutterstock.com)

AirTagはiPhoneとともに使用しよう

 そもそもAirTagとは、自分の所持品に取り付けることで置き忘れを防いだり、失くしてしまった際にその位置を特定できるというアイテム。探すときにはiPhoneの「探す」アプリを使用して、タグから音を鳴らしたりiPhone上でその位置を表示したりすることができる。その性質から、単に紛失を防ぐだけでなく自転車や傘のような盗難に遭いやすい持ち物に取り付けて、どこにあるかを把握できるようにする、という使い方を想定するユーザーもいるようだ。

 マーケティングリサーチ会社のMMD研究所が4月24日~27日に実施した「AirTagと忘れ物に関する調査」の結果によると、AirTagに関心を持っている人は全体で39.5%。iPhoneユーザーに限ると47.7%と半数近くが興味を示しているという。
 しかしそんな興味を持っているiPhoneユーザーであっても、「購入した(予約済み)」と回答したのはわずか9.1%という結果に。「購入した」(9.1%)「購入する予定」(14.1%)を合わせても「購入する気はない」の28.5%を上回ることができず、アップルファンにすら「興味はあるけど欲しいとは思わない」と思われていることが判明したのだった。

話題となったアップル「AirTag」もしかして失敗!? 販売開始後に訪れた意外すぎる窮地のページです。オトナライフは、【デバイスAirTagApple】の最新ニュースをいち早くお届けします。