PayPay銀行の「スマホATM」をセブン銀行ATMで実際に使ってみた!

「スマホATM」は初期設定の24時間後に利用できる

 PayPay銀行の「スマホATM」は「PayPay銀行アプリ」を利用するが、PayPay銀行アプリを利用するには初期設定が必要で、本人確認やPayPay銀行のワンタイムパスワードシステム「トークンアプリ」を利用することになるので、事前に準備しておこう。まず、PayPay銀行アプリを起動したら「スマホATM」をタップする。画面に従って手続きを進め、「トークンアプリを起動する」をタップしてワンタイムパスワードを入力しよう。次に生年月日を入力すれば「スマホATM」の初期設定は完了だ。
 ただし、実際に「スマホATM」の「出金」と「借り入れ」が利用できるようになるのは、設定の24時間後になるので注意したい。

スマホATMを使うには初期設定が必要。まずは、PayPay銀行アプリを起動して「スマホATM」をタップ(左写真)、次の画面で「次へ」を押そう(右写真)

続いて「初期設定を行う」を押し(左写真)、「トークンアプリを起動する」をタップしよう(右写真)

ワンタイムパスワードが表示されたら、「ワンタイムパスワードをコピー」をタップして入力する(左写真)。そして生年月日を入力して「次へ」を押そう(右写真)

スマホATMの設定が完了した(左写真)。「入金」はすぐに利用できるが、「出金」の利用は設定の24時間後になる(右写真)

PayPay銀行の「スマホATM」をセブン銀行ATMで実際に使ってみた!のページです。オトナライフは、【マネーPayPayPayPay銀行QRコード決済イーネットイオン銀行キャッシュレススマホATMセブン銀行ローソン銀行】の最新ニュースをいち早くお届けします。