Macユーザーにセキュリティリスク、 macOSがわずか1週間で緊急アップデートしたワケは

アップルが大慌てでセキュリティの穴の修繕に対応したようだ。つい先日、新たなmacOSをリリースしたばかりのアップルだが、5月3日に新たなバージョンを公開したのだった。その中では、「この脆弱性が悪用された可能性がある」ことも伝えられており、まさに今すぐアップデートすべき脆弱性が存在していることを暗に語っていると言えるだろう。今回は、突然のアップデートに見える脆弱性の恐怖と、悪意あるハッカーとのイタチごっこに追われるアップルについてお伝えしていきたい。

アップル、OSをアップデート直後に再びアップデート

(Image:Jack Skeens / Shutterstock.com)

macOS Big Sur 11.3ではAirTagに関する対応も加わった

 アップルはアメリカ時間の5月3日、Mac用のOS「macOS Big Sur 11.3.1」を公開。その理由が、脆弱性の対処であることを明らかにした。実はアップルは4月26日に発売されたばかりの新製品「AirTag」等への対応を追加したバージョンである「macOS Big Sur 11.3」を公開したばかり。公開からわずか1週間で脆弱性が発見されその対応に追われていたことが明らかとなった。

 加えてこの脆弱性は「すでに悪意あるハッカーに利用されている可能性がある」という報告があったことも明言しており、開発側に脆弱性が対処される前に悪意あるハッカーがユーザーに攻撃を仕掛ける“ゼロデイ攻撃”の危険性に言及した。つまりMacユーザーは、早々にこのバージョンをアップデートする必要があると言えるだろう。

Macユーザーにセキュリティリスク、 macOSがわずか1週間で緊急アップデートしたワケはのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスAppleMacMacOSアップデートセキュリティゼロデイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。