テレワークや働き方改革で4月は約2万5000人が東京から流出! 移住者たちの行く先は…

テレワークやワーケーションなど、コロナの影響や働き方改革によって日本の働き方も多様化してきた。オフィス自体閉鎖してしまうといった会社もあるほど。それによって大きな変化を遂げているのが東京の人口だ。日本の経済中心地として地方から東京に出てくる人も多かったが、このコロナ禍の影響で2020年5月頃から減少を続けているという。東京にいた住人たちは一体どこへ移り住んでいるのだろうか。

東京から町一つ分人が消える

(Image:marcociannarel / Shutterstock.com)

23区や市町村によって違いはあるが、東京都全体的には減少気味

 有名大学や大企業の本社も多く存在する日本の首都、東京。日本各地から多くの人々が集まり、47都道府県のうち3番目に小さな面積に、約1,395万人(2021年4月1日現在/東京都発表)もの人が住んでいる。
 春は通常なら進学や就職、異動などで人口が増える時期だが、今年は今までと違う様子。東京都の発表によると、3月中に都外に移った人は6万7,007人(日本人のみ/東京都発表)だといい、4月1日時点で現在の東京の人口は1,395万7,179人。コロナが大きな動きを見せはじめた昨年と比べて、2万5,443人も減少した。かなりの人が東京から移住していることがわかる。

 つまり、リモート授業やテレワークの普及よって「わざわざ進学や就職のために、東京へ来る必要がなくなった」「東京にいなくても授業や仕事ができる」ということだろう。では東京から離れた人々は、いったいどこへ移り住んでいるのだろうか…?

テレワークや働き方改革で4月は約2万5000人が東京から流出! 移住者たちの行く先は…のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフテレワーク人口流出在宅勤務東京脱出移住】の最新ニュースをいち早くお届けします。