楽天モバイルだけが、なぜ「勝手に新型iPhoneを不正購入される」ターゲットにされたのか?

2021年4月下旬から、楽天モバイルが新型iPhoneの販売を始めたのはご存じだろう。だが、2021年5月10日のNHKの報道によると、楽天モバイルで新型iPhoneを不正購入される被害が相次いでいるという。楽天モバイル側はアカウント情報やクレカ情報の漏洩はないと発表しているが、これはいったいどういうことなのだろうか……?

 

申込人と名義が異なるクレカを利用できるのが原因!?

(Image:network.mobile.rakuten.co.jp)

 今や乗り換えたいキャリアNo,1に躍り出た大人気の「楽天モバイル」。4月下旬からは新型iPhoneの取り扱いも始まり、さらに加入者を増やしている。だが、2021年5月10日のNHKの報道によると、何者かが勝手に楽天モバイルでiPhoneを不正購入する被害が相次いでいるという。確かにTwitterでも「勝手にクレカで楽天モバイルのiPhoneを購入された!」というツイートが複数確認できる。
 楽天モバイルでは、楽天会員になれば誰でもSIMフリーの最新版iPhoneをネットで手軽に購入できるが、購入時に本人確認されるわけではない。そのため、申込人と名義が異なるクレカ(デビットカード)が利用できるようになっている。楽天モバイル側はアカウント情報やクレカ情報の漏洩はない発表しているので、おそらくハッカーがフィッシング詐欺などで不正入手したクレカ(楽天カードとは限らない)を使い、勝手に楽天モバイルでiPhoneを購入して転売していると思われる。もし、心当たりがないクレカの購入履歴があったら、今すぐクレカ会社に電話をして確認したほうがよいだろう。

(Image:network.mobile.rakuten.co.jp)

楽天モバイルでは2021年4月下旬から、新型iPhoneの取り扱いがスタートした。新規ややMNPで楽天モバイルに申し込むと2万円相当のポイント還元を受けられるため、かなりお得にiPhoneを購入できる

楽天モバイルだけが、なぜ「勝手に新型iPhoneを不正購入される」ターゲットにされたのか?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhone不正購入フィッシング詐欺楽天楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。