楽天モバイルの急成長に「待った」? ソフトバンクの提訴にも一歩も引かず全面抗争か

ソフトバンクが、楽天モバイルと楽天モバイルに転職したソフトバンクの元社員に対し訴訟を起こした。5Gに関わる秘密情報を不正に持ち出したとして、10億円の損害賠償や基地局の使用停止を求めているという。事実関係はこれから明らかにされていくことと思うが、訴えられた時点で楽天モバイルのイメージ悪化は避けられないだろう。もしかすると、それもソフトバンクの狙いなのだろうか…?

ソフトバンクが楽天モバイルを提訴

(Image:Ned Snowman / Shutterstock.com)

ソフトバンクはauとならび5Gのエリア展開が早いキャリアだ

 5月6日、携帯キャリア大手のソフトバンクが、元社員と元社員の現在の勤務先である楽天モバイルに対し訴えを起こしたことを発表した。元社員は2019年12月31日までソフトバンクに籍を置いていたが、2020年1月1日付でライバルである楽天モバイルへと転職していた。そして「転職の際に5Gの基地局網の構築に関する情報を持ち出した」とソフトバンクは主張している。
 5Gは現在日本でもキャリア各社が普及を進めている新たな通信規格だ。そうした秘密情報やノウハウが外部、ましてやライバル企業、に持ち出されたとしたら、ソフトバンクとしてはそのダメージは計り知れないことだろう。そのダメージの大きさもあってか、今回の全体の損害賠償請求権は約1,000億円もあるといい、まずはそのうちの10億円を請求するに留めたが今後増額される可能性もあるようだ。

 一方で元社員の転職先である楽天モバイルは、社内調査のうえ元社員が営業秘密を楽天モバイルの業務で使用していた事実は確認されていないと主張。「裁判において自身の正当性を主張する」と、こちらも全面抗争の構えを示している。

5月6日現在、楽天モバイルの声明内容。※最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

楽天モバイルの急成長に「待った」? ソフトバンクの提訴にも一歩も引かず全面抗争かのページです。オトナライフは、【iPhone&Android5Gソフトバンク楽天楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。