【自動で文字起こし!】「Speechnotes」の使い方!

「Speechnotes」という文字起こしツールをご存知だろうか。「Speechnotes」を使えばかんたんに文字起こしが可能だ。「Speechnotes」の使い方を紹介するので、「Speechnotes」が気になる方は本記事ぜひ参考にしてほしい。

「Speechnotes」とは

「Speechnotes」という音声入力対応の自動文字起こしツールをご存知だろうか。本記事では、「Speechnotes」を使ってPC・Androidで自動文字起こしを行う方法を紹介するのでぜひ参考にしてほしい。
「Speechnotes」は非常に便利なツールだが、まだまだ知名度が高いとは言えない。そこで、本記事でははじめに「Speechnotes」とは一体どのようなツールなのか紹介するので、初めて「Speechnotes」というツールを耳にした方はまず、本項目で「Speechnotes」とはどのようなツールなのかおさらいしてほしい。

・音声入力したデータを自動で文字起こししてくれるアプリ

「Speechnotes」とは、音声入力したデータを自動で文字起こししてくれるツールだ。つまり、PCやスマホに搭載されているマイクから入力した音声を自動的に文字起こしして、音声で入力した言葉を文字としてテキストデータに起こしてくれるのだ。
「Speechnotes」を利用することで、論文作成やブログ作成などの際には文字を入力する必要がなく、音声で声に出して文字にしたい言葉を話すだけで入力することができるようになるのだ。
 そのため、「Speechnotes」は論文作成を行っている学生やブロガー、小説家など文字入力を頻繁に行っているさまざまな方にオススメのアプリと言える。また、次項で紹介するが「Speechnotes」の音声入力による文字起こしはかなり精度が高く、実用十分な性能を有しているといえる。

・Googleの音声入力システムを用いている

 全項目では、「Speechnotes」の音声入力による文字起こしの精度が非常に高いということを紹介した。その理由について紹介する。「Speechnotes」は音声入力による文字起こしにGoogleの音声入力システムを利用している。Googleの音声入力はAndroidスマホやGoogleホームアプリ、Google翻訳などに標準搭載されるほど高精度で世界中で利用されている。普段からGoogleのサービスを愛用している方はその精度をご存知のはずだ。
 Android端末では、「OK Google」といった音声入力で検索などを行える。これにもGoogleの音声入力システムが利用されており、「Speechnotes」はこのGoogleの高性能音声入力システムと同じものを利用して、文字起こしを行っているのだ。
 なお、Googleの音声入力システムの仕組みは「Speechnotes」などの音声入力を行って文字起こしを行いたいアプリ上で文字起こしを行うのではなく、Googleの高性能サーバへ入力された音声を送信して、Googleの高性能サーバ上で入力された音声が文字起こしされてデータとして送信されたものを再度、受信して文字起こしの結果として表示している。そのため、「Speechnotes」を使うにはインターネット接続が必要になるので注意しよう。
 また、「Speechnotes」はGoogleのサービスを利用しているため「Speechnotes」に対応しているデバイスもPCとAndroidになる。残念ながらiPhone版「Speechnotes」は公開されていないので、iPhoneユーザーの方はPCで「Speechnotes」を利用しよう。

【自動で文字起こし!】「Speechnotes」の使い方!のページです。オトナライフは、【アプリGoogleGoogle ChromeSpeechnotes拡張機能文字起こし】の最新ニュースをいち早くお届けします。