楽天モバイル、iPhone不正購入被害の余波でキャリアサービスシェア拡大に黄信号?

楽天モバイルに逆風が吹き荒れている。先日、元ソフトバンク社員の一件でソフトバンクから提訴されたかと思えば、今度は4月に取扱いをスタートさせたばかりのiPhoneを不正購入される被害が発生していることが明らかとなった。どちらもまだ「楽天モバイルに非がある」と決まったわけではないのだが、イメージの悪化は避けられないことだろう。今回は、今後のシェア拡大を阻害する要因になるかもしれないこれらの問題について考えていきたい。

不正購入の被害にあった楽天モバイル

楽天モバイルの実店舗は全国に広がってきている。今後は24000局の郵便局店頭使った販売も

 5月10日、「楽天モバイルでiPhoneの不正購入が複数回発生している」という報道が飛び交った。SNSでは被害に遭った人の声も挙がっているといい、それらの報告によると「10万円以上する買った覚えのない端末を一度に何台も購入したことになっている」ようだ。
 この一件を受けて楽天モバイルは同日のうちに、「不正な製品購入の対策強化について」と題したお知らせを公開。「現在、不正な製品購入の対策を強化しており、複数台購入されているご注文の一部を出荷停止する等の措置を実施しております」と対策を行っていることを伝えた。加えて「当社から個人情報漏えい等が発生していることはございません」と、不正購入の原因が楽天モバイルの情報漏えいによるものではないこともアピールしている。

 しかし報道によれば、楽天モバイルの端末は楽天IDとパスワード・クレジットカード情報があれば本人確認無しにオンラインで購入できるため、どこかから漏れた個人情報等が悪用されなりすまし購入が起こった可能性も報じられていた。ネット上でも「『楽天モバイルで不正購入』というと楽天側が被害者のように見えるけど、むしろこれ加害…」と、暗に楽天モバイルの責任に言及するユーザーの声も聞こえてきた。

楽天モバイル、iPhone不正購入被害の余波でキャリアサービスシェア拡大に黄信号?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhone不正購入フィッシング詐欺楽天楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。