バッファロー製の一部ネットワーク機器などに脆弱性…故障しなくても買い換えるべき理由は

バッファロー製のWi-Fiルーターなど全35製品に脆弱性が発見された。いずれもサポートが終了している製品のため、バッファローは「製品の使用停止」を推奨しているという。昔に買った製品を何気なく使っていたらサイバー犯罪に巻き込まれてしまった、なんて話になればシャレになれない。デジタルデバイスに関連したセキュリティのアンテナは、常に高くしておかないといけない。

バッファロー製のWi-Fiルーターに不正アクセスの可能性

今使用中のWi-Fiルーター、いつから使ってるか覚えてる? 引越したときから? そんなときは要注意だ!

 古いバッファロー製のネットワーク機器を使用している人は、一度製品名や型番を確認をしたほうがいいだろう。JPCERTコーディネーションセンターと情報処理推進機構が、バッファローが製造したWi-Fiルーターなどいくつかのネットワーク機器に脆弱性を発見したと公表した。
 対象となるのはWi-Fiルーターが19製品、無線ブリッジが8製品、有線ルーターが1製品、イーサネットコンバーターが7製品だ。いずれも2000年代前半に発売され、中には20年近く経っている製品もある。当然ながら、バッファローからのサポートはいずれも終了しているため修正アップデートなどは行われない。しかし放っておけば第三者によって不正にアクセスされ、不正なコードを実行されたり、設定変更やサービスの妨害をされたりする可能性がある。そのためバッファローは確実な対策として「製品の使用停止」を推奨している。

バッファロー製の一部ネットワーク機器などに脆弱性…故障しなくても買い換えるべき理由はのページです。オトナライフは、【デバイスWi-Fiルーターセキュリティバッファロー脆弱性】の最新ニュースをいち早くお届けします。