バッファロー製の一部ネットワーク機器などに脆弱性…故障しなくても買い換えるべき理由は

ネットワーク機器の買い替え時はいつ?

セキュリティの安全性は定期的に確認を

 製品が正しく動いていたとしても、悪用される可能性のある脆弱性を抱えてしまったなら潮時だ。「まだ問題なく使えるのに」ともったいなく思うユーザーもいるだろう。しかし、スマホやパソコンと違い、もともとWi-Fiルーターには使い続けることで劣化するパーツがほとんどない。そのため衝撃を与えたりしない限り10年単位で長持ちすると言われているのだ。そうなるとネットワーク機器を買い替えるタイミングは、故障よりセキュリティリスクの有無にあると言えるだろう。

 普段ほとんど触らないネットワーク機器はつい忘れがちな存在だが、知らないうちにサイバー犯罪に巻き込まれていたなんてことになれば冗談では済まない。今回のバッファロー製品には該当しなくても、利用している製品に不安がないかこれを機に調べてみることをオススメする。目に見えないものだからこそ、デジタルデバイスのセキュリティ管理に対する意識は常に高く持っておきたいものだ。

参照元:バッファローの一部Wi-Fiルーターなどに脆弱性、「製品の使用停止」を推奨【ケータイ Watch

※サムネイル画像(Image:amazon.co.jp)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

バッファロー製の一部ネットワーク機器などに脆弱性…故障しなくても買い換えるべき理由はのページです。オトナライフは、【デバイスWi-Fiルーターセキュリティバッファロー脆弱性】の最新ニュースをいち早くお届けします。