【Steam】ゲームプレイに必要な推奨PCスペックは?

PCゲームの用オンラインゲームのプラットフォームとして人気のSteamでは、どのくらいのスペックのPCがあると問題なくゲームをプレイできるのだろうか。この記事では、Steamのゲームをプレイするために必要なPCのスペックについて解説する。

【Steam】ゲームプレイに必要/推奨PCスペックは?

SteamはPC用のオンライゲームを販売したり、ユーザーが交流できるプラットフォームである。ゲームを購入するときには、一般ユーザーのレビューだけではなく、PCゲームに詳しいキュレーターのレビューも参考にできるので、ゲームを選びやすいプラットフォームとして人気がある。

また、決済方法が豊富に用意されていて、クレジットカードを持っていない人でも購入しやすい点や、少しプレイしてみてあまり気に入らないゲームは返金もできる点、人気ゲームの格安セールを定期的に開催する点などのメリットが多く、多くのゲームユーザーがSteamでのゲーム購入を選択している。

しかし、Steamでゲームを購入しても、画面がカクカクしてしまう、PCが何度もフリーズするなどの問題を抱えるユーザーも少なくない。Steamで購入したゲームのプレイに問題が生じるのは、PCのスペックが足りていないためである。この記事では、Steamで購入したゲームを快適にプレイするためには、どのようなPCが必要なのか、PCの推奨スペックについて詳しく解説する。

・ゲームによって推奨スペックは違う

実は、Steam全体で推奨するPCのスペックというものはない。その理由は、必要とするPCのスペックはゲームによって大きく異なるためだ。Steamで販売しているゲームの中には、最新のグラフィックを存分に使用した3Dゲームもあれば、1980年代から90年代のファミコンを彷彿とさせるようなドットの2Dゲームもある。

3Dゲームをプレイするためには性能の良いグラフィックボード、略してグラボが必要だが、2Dゲームならグラボがなくてもプレイできる。グラボだけではなく、CPUの性能やメモリサイズもゲームによって違う。

この記事を読んでいる読者は、グラボを必要としないようなゲームではなく、これからある程度のスペックをもつゲーミングPCの購入を検討しているのだろう。

ゲーミングPCを購入する前には、自分がプレイしたいゲームの推奨スペックを事前に調べた上で、予算と照らし合わせて最適なものを選ぶようにしよう。

・システム要件を確認すれば推奨スペックがわかる

必要なPCのスペックは、Steamのゲームごとの販売ページに記載されている「システム要件」を調べるとわかる。たとえば、こちらの画像は、「Biped」というゲームの販売ページに記載されているシステム要件である。

「Biped」のシステム要件

「Biped」の販売ページを下にスクロールするとシステム要件がある。システム要件には、そのゲームをプレイするために必要な最低のシステム要件と、推奨されるシステム要件が、OS、プロセッサー(CPU)、メモリ、グラフィック(グラボ)、ネットワーク、インストールに必要な空きストレージが記載されている。その他に「Controller recommended」と記載されていれば、キーボード操作ではなくコントローラーで操作した方が良いゲームだとわかる。

人によって好みのゲームの傾向がそれぞれ違う。スペックの高いPCを購入すればどのようなゲームにも対応できるが、それなりに金額も必要になる。PCを購入する前には、必ずプレイしたいゲームのシステム要件を調べた上で、予算と相談しながら快適にプレイできるPCを選ぶようにしよう。

【Steam】ゲームプレイに必要な推奨PCスペックは?のページです。オトナライフは、【アプリSteam】の最新ニュースをいち早くお届けします。