iPhoneユーザー96%がアプリ追跡を無効に! けど有効にしないデメリットの方が影響大では?

アップルがiOS 14.5でプライバシー保護を強化して以降、アメリカで発表された調査結果の中に「iPhoneユーザーの96%がアプリ追跡を無効にした」という事実がわかった。新たなiOSではアプリがユーザーの閲覧情報等を追跡するためには、有効・無効を選ぶプロンプトを表示してユーザーの許可を得ることが必要になった。そこで追跡を許可したのは5%にも満たないのだ。

たしかに近年はプライバシーの保護の重要性が注目されるようになり、「追跡=悪」という図式ができあがりつつある。しかしあたらめて振り返ってみると、はたしてそれは無条件で成立する図式なのだろうか…?今回は、この調査結果から「追跡を無効にする」メリットとデメリットについて考えていきたい。

アメリカで“追跡を有効”にしたiPhoneユーザーはわずか4%

あなたもiPhoneでさまざまなページを閲覧していることだろう

 分析会社・Flurryが行った調査は、アメリカ国内で毎日250万人のアクティブなモバイルユーザーを対象として、iOS 14.5のリリース以降、1日ごとのデータを取るというもの。その結果によれば、96%がオプトアウトして追跡を無効にしたことが明らかとなった。また、調査対象を広げサンプリング対象が530万人となった“全世界”版の調査においても、どの調査日でもおおよそ88%のユーザーが追跡を無効にしていたという。
 結局、アメリカで追跡を有効にしていたのは4%前後を推移。世界でも12%前後となり、世界的に「追跡されたくない」というユーザーが大多数を占めることが判明した。

iPhoneユーザー96%がアプリ追跡を無効に! けど有効にしないデメリットの方が影響大では?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiOS 14.5iPhoneプライバシー保護】の最新ニュースをいち早くお届けします。