【Windows10 1903】アップデートの失敗や不具合の原因と対処法を解説!

「Windows 10 1903」のアップデートはお済みだろうか。中には、「Windows 10 1903」へアップデートしようとしても失敗してしまい、お困りの方もいらっしゃるかと思う。本項目では、このアップデートが失敗するときの対処法を紹介する。

【Windows 10 1903】アップデート失敗/不具合の対処法【原因がIntel RSTの場合】

「Windows 10 1903」のアップデートに失敗するときの原因として、Intel Rapid Storage Technology (以下、Intel RST)が考えられる。Intel RSTとは、Intel CPUに搭載されているストレージのRaid化ツールである。Intel RSTを利用している環境で「Windows 10 1903」のアップデートを行おうとした場合、Intel RSTが原因となって「Windows 10 1903」のアップデートに失敗する不具合が発生する事があるのだ。
 Intel RST環境下で「Windows 10 1903」の失敗する原因は、Intel RSTのドライバが古いバージョンになっていることが起因していると考えられる。「Windows 10 1903」に対応したIntel RSTは「Intel RST 15.9.6.1044」以降とされているので、Intel RST環境下で「Windows 10 1903」のアップデートを行おうとして、「Windows 10 1903」のアップデートに失敗する場合には、対処法としてIntel RSTのバージョンをチェックしてIntel RSTのバージョンが古ければ、最新バージョンのIntel RSTにアップデートしてみよう。
 なお、Intel RSTの操作を誤ってストレージの操作を行ってしまった場合、最悪の場合Intel RSTで構築されているストレージの環境が操作されてしまい、データ損失につながるのでIntel RSTを操作する際には、十分に注意しよう。

Intel RST環境下で「Windows 10 1903」のアップデートが失敗するときの対処法として、Intel RSTのアップデートを行うという対処法を挙げることができる。一度、Intel RSTを表示してバージョンを確認してみよう

【Windows10 1903】アップデートの失敗や不具合の原因と対処法を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 10Windows10 1903】の最新ニュースをいち早くお届けします。