【Windows10 1903】アップデートの失敗や不具合の原因と対処法を解説!

【Windows 10 1903】アップデート失敗/不具合の対処法【原因が容量不足の場合】

「Windows 10 1903」のアップデートに失敗してしまう原因として、「Windows 10 1903」をインストールしようとしているPCの容量不足が考えられる。「Windows 10 1903」のアップデートを行う際に、ストレージの空き容量が不足していると、容量不足で「Windows 10 1903」のダウンロードを行うことができないため、この容量不足が原因となって「Windows 10 1903」のアップデートに失敗してしまうのだ。
「Windows 10 1903」のアップデートに失敗してしまうときには、一度「Windows 10」がインストールされているシステムストレージの空き容量をチェックして、システムストレージの空き容量が十分に確保されているかをチェックしてみよう。
 もし、「Windows 10 1903」のアップデートをインストールしようとしているPCの空き容量が足りない状態になっている場合は、対処法としてディスクのクリーンアップという操作を行って空き容量を増やすことができないか試してみよう。
 この対処法では、ディスク内に保存されている不要なキャッシュや古いWindowsアップデートの一時ファイルを削除してディスクの空き容量を確保することができる。場合によっては、数十GB単位で空き容量を確保することができる環境もあるので、効果的な対処法方だ。
 この対処法を使って、「Windows 10 1903」をダウンロードするための空き容量を確保する方法について解説する。

「Windows 10 1903」のアップデートに失敗するときには、まずはPCから「Windows 10 1903」をインストールしようとしているシステムストレージ(Cドライブ)の空き容量を確認する。とくに、ストレージ全体が64GB程度しか無いようなタブレットPCの場合、空き容量不足で「Windows 10 1903」のアップデートに失敗する場合が多い

「Windows 10 1903」のアップデートに失敗するPCのストレージの空き容量が少ない場合の対処法として、「ディスクのクリーンアップ」を行う。ディスクのクリーンアップを行うには、PCからシステムストレージを右クリックして、「プロパティ」をクリックする

ストレージのプロパティが表示されたら、そのストレージの空き容量が表示されているので「ディスクのクリーンアップ」をクリックする

ディスクのクリーンアップで削除することができるファイルが自動的に抽出されるので、その処理が完了するのを待機して、画面に削減可能な容量が表示されたら「OK」をクリックしよう。なお、ディスクのクリーンアップでは削除する項目を手動で選択することも可能だ

もし、ディスクのクリーンアップでも十分な空き容量を確保できなかったときには、対処法としてシステムストレージと同じディスクに保存されているデータを削除したり、別のディスクに移動しよう。一般的な環境の場合「ドキュメント」や「ダウンロード」などのファイルはすべてシステムストレージと同じディスクに保存されている。なお、これらのフォルダの場所は設定を行うことで変更可能だ

【Windows10 1903】アップデートの失敗や不具合の原因と対処法を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 10Windows10 1903】の最新ニュースをいち早くお届けします。