【Windows10 1903】アップデートの失敗や不具合の原因と対処法を解説!

【Windows 10 1903】アップデート失敗/不具合の対処法【原因が周辺機器の場合】

「Windows 10 1903」のアップデートが失敗する原因として、PCに接続している周辺機器が原因となって「Windows 10 1903」のアップデートで不具合が生じている可能性がある。このため、「Windows 10 1903」のアップデートに失敗するときには、対処法としてPCに接続している周辺機器を取り外してから、「Windows 10 1903」のアップデートを試してみよう。
 また、Windows 10で高速スタートアップが有効になっている場合、周辺機器のドライバなどが起動時に初期化されないため、不具合が発生して「Windows 10 1903」のアップデートに失敗する原因となってしまうことがある。この対処法として、高速スタートアップが有効になっている場合、高速スタートアップを無効にする対処法があるので下記よりその方法を紹介する。
 なお、Windows 10の高速スタートアップについては今回の「Windows 10 1903」の不具合以外にもさまざまな不具合の原因となる場合が多いので、デフォルトでは有効になっているものの、「Windows 10 1903」へアップデート後も無効のままにしておくことをオススメする。一度、高速スタートアップを無効にしたときの起動時間を確認してみて高速スタートアップが本当に必要なのかを確認してみよう。

高速スタートアップが原因となって不具合が発生する可能性があるので、高速スタートアップを無効にする方法を解説する。高速スタートアップを無効にするにはまずはWindows 10の設定を開く

設定を表示したら「システム」の項目を選択しよう

システムを開いたら、「電源とスリープ」の項目を表示して、同項目の右側にある「電源の詳細設定」を選択しよう

電源の詳細設定を表示したら「電源ボタンの動作の選択」をクリックする

電源ボタンの動作の選択画面が表示されたら、「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックする

「高速スタートアップを有効にする」という項目があるので、チェックを外して無効にする。これで、一度シャットダウンを行い再起動すると周辺機器のドライバが初期化されるので、「Windows 10 1903」が失敗する原因となっていた不具合が解消される可能性がある

【Windows10 1903】アップデートの失敗や不具合の原因と対処法を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 10Windows10 1903】の最新ニュースをいち早くお届けします。