Twitterで「それ間違ってますよ」の指摘は逆効果!? ある研究結果で衝撃の新事実が判明

これまでフェイクニュースの影響を最小減にするには、ファクトチェックにより情報の正確性を吟味する作業が欠かせないと言われてきた。しかし、今回の実験では今までの研究結果とは真逆の新たな事実が判明した。ツイッターでフェイクニュースを拡散している人に対して、正確な記事へのリンクを返信すると「フェイクニュースを訂正された人はかえってリツイートの質が低下し、偏りや有害性が強まってしまう」という結果となった。

フェイクニュースの指摘訂正はさらに悪化をさせてしまう

訂正を受けた被験者は暴言が増加し、言葉づかいも荒くなるという

 英国エクセター大学のMohsen Mosleh氏らの研究チームは、フェイクニュースの訂正がその後の行動に与える影響を研究するため、虚偽だということが判明しているフェイクニュース11件を拡散しているツイッターユーザー2,978人を特定。そのうち、本当にそのフェイクニュースを信じていると思われるツイッターユーザー約2,000人を今回の実験の被験者とした。
 そして研究チームは、フェイクニュースを訂正するためのアカウントをツイッター上に複数作成し、被験者がフェイクニュースを拡散するリツイートを投稿するたびに、そのアカウントからSnopes.com(米国のファクトチェックサイト)のリンクを含むリプライを送るという実験を行った。
 実験後、プロのファクトチェッカーが作成した「ニュースソースの品質スコア」を使用して、ファクトチェックによる訂正を受けた後の被験者の「リツイートの質」と「偏り」を調査したところ、いずれも有意に悪化していたという。また、Google Jigsaw Perspective API(投稿に対して「暴言度」を評価することができるAPI)を用いて被験者の「言葉の有害性」を分析した結果、訂正を受けた被験者は暴言が増加したり言葉づかいが荒くなったりしていたことが確認された。

Twitterで「それ間違ってますよ」の指摘は逆効果!? ある研究結果で衝撃の新事実が判明のページです。オトナライフは、【SNSTwitterフェイクニュース】の最新ニュースをいち早くお届けします。