Apple製品アナリストが、折りたたみ8インチiPhoneは2023年に発売と予測!?

以前から「まだかまだか」と心待ちにしているユーザーも多い折りたたみiPhone。アップルは約10年前から折りたたみのメカニズムや装置の特許を登録し続けているが、発売日の発表は一向になされない。が、著名アナリストのミンチー・クオ氏は、8インチの折りたたみiPhoneが2023年に発売されると予測している。

すでにサムスンなどが参入している折りたたみスマホ市場だが、アップルが折りたたみスマホを作るとどんなものが出来上がるのか。

折り曲げ可能なディスプレイガラスを開発中?

(Image:Mr.Mikla / Shutterstock.com)

サムスンのGalaxy Z Fold2は横開きタイプ。閉じた状態で使うカバーディスプレイも大きい

 クオ氏のレポートによると2023年発売の折りたたみiPhoneは、8インチのQHD+解像度ディスプレイで、1,500万台から2,000万台が出荷されると予想。これはすでに投入されているサムスンの「Galaxy Z Fold2」の7.6インチや、「Galaxy Z Flip」の6.7インチに比べると、比較的大きなサイズとなる。
 アップルは世界最大級のガラス製品メーカーであるコーニングに対し約50億円の投資をすると発表しており、折りたたみiPhone用のガラスを開発するのではないかと予想されている。コーニングが開発するガラスは厚さ0.1mm、曲げ半径3~5mmが実現される見通しで、ディスプレイを閉じた状態での本体の厚みは6~10mmに抑えられるとのこと。「iPhone 12」の厚さは7.4mm、「iPhone 11」の厚さは8.3mmなので、閉じた状態でもそれほど違和感のない厚さと言えるだろう。

Apple製品アナリストが、折りたたみ8インチiPhoneは2023年に発売と予測!?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhone折りたたみiPhone】の最新ニュースをいち早くお届けします。