【YouTube】Windows 10で動画ファイルをWAVへ変換する方法!

【YouTube】Windows 10で動画をWAVへ変換する方法

Windows 10でYouTubeからダウンロードした動画を、WAVファイルに変換する方法について紹介していく。

【手順①】ダウンローダーでYouTubeから動画をダウンロードする

YouTubeからダウンロードした動画を、WAVファイルに変換するには、ダウンローダーが必要になってくる。おすすなのは、EaseUS Mobimoverというダウンローダーだ。無料で利用できるので是非使ってみて欲しい。

EaseUS Mobimoverをダウンロードしたら、「動画のダウンローダー」をクリックする

【手順②】ダウンロードする動画の保存場所を選択する

次に、ダウンロードするYouTube動画の保存先を選択する。

「動画を後記の場所に保存」の右横にある「保存先」をクリックして、保存したい場所を指定する

保存先を指定したら、上の画面にある赤枠内に「YouTube動画のURL」を入力し、「ダウンロード」をクリックする

【手順③】動画編集ソフトを起動し動画をインポートする

EaseUS MobimoverでYouTube動画のダウンロードができたら、次は動画編集ソフトを使っていく。動画編集ソフトに、YouTube動画をインポートしWAVファイルに変換していく。使っていくのは、EaseUS Video Editorという動画編集ソフトになる。

EaseUS Video Editorを起動して、「編集画面」を表示させる。そして、「ファイル」→「インポート」→「ファイルをインポート」をクリックする。そして「インポートしたい動画」を選択する

【手順④】動画編集のプロジェクトを作成する

YouTube動画をインポートしたら、動画編集のプロジェクトを作成していく。先ほどインポートしたYouTube動画を編集バーにドラッグ&ドロップする。ドラッグ&ドロップするだけで動画編集のプロジェクトは作成できるので、特に他の操作は必要ない。

【手順⑤】編集した動画をwavに出力する

動画編集のプロジェクトを作成したら、WAVファイルに変換していく。編集画面にある「出力」をクリックすると、出力画面が表示される。そして、変換するファイル形式を「WAV」にして、「ファイル名」を入力したら、「出力」をクリックする。そうすれば、YouTube動画をWAVファイルに変換できる。

【YouTube】Windows 10で動画ファイルをWAVへ変換する方法!のページです。オトナライフは、【動画・音楽WAVファイルWindows 10YouTubeYouTubeの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。