iPhone人気が過去最高レベルに。一方Android離れが加速しているとの調査結果も

世界のスマートフォン市場を二分するAndroidスマホとiPhone。日本ではiPhoneが高い人気を誇っているが、世界的に見ると各国の多数のスマホメーカーが参入していて、機種も数多く比較的安価なAndroidスマホが圧倒的なシェアを誇ってきた。しかしiPhoneユーザーとAndroidスマホユーザーを対象にした「ブランドに対する愛着心」を調査したあるアンケートで、iPhone人気が過去最高となったのに対し、Androidスマホユーザーは乗り換えを考える人が急増「Android離れ」が起きている、という気になる結果が明らかに。今後のスマホ業界の行方とともに、iPhoneとAndroidスマホ、両者の端末について詳しく見ていきたい。

過去最高に高まっているiPhoneの求心力。91.9%が「次もiPhoneを買う」と回答

(Image:Mr.Mikla / Shutterstock.com)

シンプルで使いやすいiPhoneと、自由度が高く安価なAndroidスマホ。熾烈なシェア争いを繰り広げている

 米国の携帯電話下取りサービス会社・SellCellが、同国のスマホ所持者およそ5,000人を対象に「携帯の乗り換え」に関するアンケート調査を行った。対象となったのはアップル、サムスン、グーグル、LG、モトローラのいずれかの端末を持つ18歳以上の男女。
 その調査によると、「次もiPhoneを買う」と回答したiPhoneユーザーは、なんと91.9%にものぼった。2019年に行われた同様の調査では90.5%で、今回の数字は過去最高だという。その理由として「iPhoneが好き」が45%、「エコシステムに縛られている」が21%、「これまで利用して問題がない」が16%という結果だった。

 一方でAndroid OSを搭載するサムスン、グーグル、LG、モトローラユーザーで「同じメーカーを使い続ける」と答えたのは、サムスンは74.0%、グーグルが65.2%、LGが37.4%、モトローラが29%。2019年の前回の調査結果からサムスンは85.7%から11.7ポイント減、グーグルは84%から18.8ポイント減と大きくダウンしている。
 さらにサムスンユーザーの乗り換え先としては53%の人がiPhoneと回答しており、これらのことからもAndroidスマホからiPhoneへ乗り換える流れが顕著になっている、ということが読み取れる。

iPhone人気が過去最高レベルに。一方Android離れが加速しているとの調査結果ものページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidiPhone】の最新ニュースをいち早くお届けします。