スマホがフリーズして起動しない原因や対処法を解説!

スマホが起動しなくなってしまった場合には、原因別に対処する必要がある。この記事では、スマホが起動しない原因と、原因ごとにどのような操作を行うべきなのか、対処法を解説する。また、あわせてスマホが起動しないときに絶対にやってはいけない行動も紹介する。

スマホが動かない/フリーズしてしまう原因は?

 スマホがフリーズして動かなくなり、起動しない場合には、次の6つの原因が考えられる。スマホが起動しないときには、原因がどこにあるのかを考えた上で対処することが大切だ。

【原因①】バッテリーなどの部品が破損している

 スマホには多くの部品が使われている。タッチパネルや液晶パネルが破損しても電源が入らず起動しなくなることはあまりない。しかし、バッテリーやスマホの脳とも言えるCPUやGPUを搭載しているシステムチップ等のシステムを司る部分の部品が破損すると、起動できなくなる。

 とくにバッテリーはスマホを使わなくても経年劣化で消耗していく。バッテリーの消耗は破損とは言えないが、完全に使えなくなる前に交換が必要だ。iPhoneでもAndroidでも、スマホの部品の故障やバッテリーの消耗が疑われる場合には、早めの修理が必要だ。

【原因②】バッテリーが切れている

 スマホがバッテリー切れを起こしてしまうと、電源が入らずに起動しない。あまり頻繁に充電してしまうとバッテリーの劣化を早める原因にもなるが、充電が遅れてしまうと、完全に電気が切れてしまう。遅くとも、バッテリー容量が10%を下回ったら、早めに充電しよう。

【原因③】システムに不具合がある

 部品の破損やバッテリー切れといった、物理的な原因が考えられない場合には、システムの不具合がフリーズや起動しない原因と考えられる。システム的な不具合の場合には、部品の破損と違い、自分で対処できることもあるので、一つずつ対処法を試してみよう。

【原因④】ストレージやメモリが不足している

 スマホに電源を入れてシステムやアプリを起動するためには、ストレージやメモリにシステムやアプリが稼働できる余裕が必要である。ストレージやメモリに余裕がない場合には、電源を入れた後でシステムの起動にとても時間がかかってしまう。

 ストレージやメモリの不足の場合、部品の破損などとは違い、とりあえず電源は入るはずだが、完全にシステムが起動してスマホが使えるようになるまでには、かなりの時間を要する。時としてフリーズしてまったく動かないこともある。

【原因⑤】画面が故障している

 スマホの電源が入った様子はあるのに、画面が真っ暗でディスプレイが起動しない場合には、スマホの画面の破損が原因だと考えられる。この場合には、液晶画面やタッチパネルの交換が必要である。

【原因⑥】アップデートがうまくいかなかった

 スマホが起動しなかったり、電源は入ってもフリーズして動かない場合には、ソフトウェアアップデートに失敗した可能性がある。ソフトウェアアップデートとは、スマホのOSのアップデートである。セキュリティ面や機能面を強化するために必要である。

 ソフトウェアアップデートが実行された直後に、起動しない、フリーズするといった問題が起きるようなら、電源が入る様なら、スマホの「設定」アプリからソフトウェアアップデートをやり直してみることをオススメする。

スマホがフリーズして起動しない原因や対処法を解説!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidiPhoneスマホ】の最新ニュースをいち早くお届けします。