アップルから特別扱い? 「Zoom」アプリで実は特別なアノ機能が使えていた!

特別扱いはZoomだけじゃなかった!過去にはAmazonやHuluも…

(Image:Ascannio / Shutterstock.com)

アップルだけでなく、GAFAをめぐって世界各地で独占禁止法問題が起こっている

 アップルによる“特別扱い”は、実はこれが初めてではない。過去には、動画配信サービスのHuluに対してサブスクリプションに関する特別なアクセス権限を与えていたことや、Amazonプライムビデオから徴収する手数料を半額にする密約が交わされていたことが公になっている。アップルはアプリ配信元にApp Storeでの売上の最大30%を手数料として要求しているが、なにやら“条件”を満たせば誰でも半額になると発言しており、大手マスメディアやディズニーなどエンターテイメント企業で構成されている業界団体からその条件について追及されていたが、今も明らかになっていない。

 一部の開発者を優遇することはフェアでなく、独占禁止法の観点から見ても望ましいものではない。おりしも今、人気のオンラインゲーム「フォートナイト」を運営するエピックゲームズとの反トラスト法(独占禁止法)に関する裁判が始まっており、全世界のユーザーやアプリ開発者から注目されている。裁判の行方は一旦おいといて、Split Viewにおけるこの機能が、他のアプリにも広く開放されることを期待したい。

参考元:AppleがZoomに対して使用許可を与えている「特別な機能」とは?【GIGAZINE

※サムネイル画像(Image:monticello / Shutterstock.com)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

アップルから特別扱い? 「Zoom」アプリで実は特別なアノ機能が使えていた!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスAppleZoom】の最新ニュースをいち早くお届けします。