ドコモ「ahamo」に続く小容量・超低廉新プラン「Economy」の存在が判明!

ドコモのシェア拡大が止まらなくなりそうだ。これまでも業界最大手の地位を保っていたドコモだが、2020年に巻き起こった“携帯料金値下げ”の動きから生まれた新料金プラン「ahamo」も好調な滑り出しを見せたことが明らかとなった。加えてそのahamo以上に低価格の小容量プランのリリースも企画していることも伝えられている。今回は、世の中の全スマホユーザーを狙ってさらなるシェア拡大を図る動きを見せているドコモの戦略について考えていきたい。

ドコモ、小容量の新プラン構想を発表

(Image:TK Kurikawa / Shutterstock.com)

ドコモはスマホ業界のトップシェアを誇る企業だ

 ドコモが5月12日に公開した2020年度の決算資料によると、3月26日にスタートしたahamoの契約件数が100万を突破したという。さらにそのうち30代以下のユーザーが50%を超えていることにも言及し、発表当初から宣言していた「ドコモが弱い若年層向けのプラン」という狙いが成功していることを明らかにした。

 発表内では、ahamoを“中容量・高コスパ”の「New」と位置づけ、“小容量~無制限・家族でおトク”な「Premier」とした「5Gギガホ プレミア」「ギガホ プレミア」との差別化を図っていくとしている。さらには今後、“小容量・超低廉な料金”の「Economy」の展開も予定していくことを明言し、多様なユーザーニーズに応えていく計画を伝えている。

ドコモ「ahamo」に続く小容量・超低廉新プラン「Economy」の存在が判明!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidahamoEconomyNTTドコモスマホ】の最新ニュースをいち早くお届けします。