アップル、世界のスマホ売上高42%を占めてトップに! 2位サムスンにWスコア以上の大差!

iPhoneはコロナ禍でも圧倒的な人気を博しているようだ。iPhoneといえば日本やアメリカではAndroidスマートフォンをしのぐほどのシェアを獲得しているが、アジアやヨーロッパ等、他の地域ではそこまでの熱がないことでも知られている。しかし今回発表された調査で、2021年第1四半期に世界全体で12兆円とも言われるスマホ出荷額の半分近くを担うほどの売上を記録していたことが判明した。

今回は、すでにスマホ業界を牽引する存在となっているiPhoneについてお伝えしていきたい。

アップル、世界のスマホ売上額の40%を占める

(Image:counterpointresearch.com)

2020年の末に発売されたiPhone 12が売上アップを牽引した(カウンターポイント社調べ)

 5月17日に発表されたカウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ(カウンターポイント社)の調査結果によると、2021年第1四半期の全世界スマートフォン出荷額は第1四半期としては過去最高となる1,130億米ドル(約12兆円)となった。中でも存在感を示したのがアップルで、42.0%という高いシェアを記録。2位の韓国・サムスン(17.5%)にダブルスコア以上の大差をつけての1位となった。
 3位以下には、3位・OPPO、4位・Vivo、5位・Xiaomiと、中国のスマホメーカーがランクイン。近年日本でも中国製のスマホが流行しているように、世界的にシェアを広げていることが明らかになった。

アップル、世界のスマホ売上高42%を占めてトップに! 2位サムスンにWスコア以上の大差!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhoneiPhone 13OPPOSAMSUNGスマホ】の最新ニュースをいち早くお届けします。