LINE、バグ発生も素早く対応! ふるふる特許侵害など信頼回復への必死感が漂う

メッセージアプリの「LINE」iOS版の一部で、メッセージを送信するたびに直前に送ったスタンプが自動で送信されてしまうバグが発生し、ネット上では「ちょっと面白い」「でもけっこう困る」といった声が上がっている。この不具合は5月17日にリリースしたiOS版で発覚したものの、18日に公式から「お詫び」が発表され、19日には修正版が配布された。特許侵害や情報管理不備などの不祥事が何かと話題のLINEだが、素早く修正対応することで必死に信頼を回復しようとしているのかも?

メッセージを送ろうとすると、スタンプが勝手に送信されてしまうバグ

(Image:DenPhotos / Shutterstock.com)

送った相手との関係性や内容によっては、相手を不快にさせてしまう可能性も

 今回のバグは、トークでメッセージを送ると、直前に同じ相手に送ったスタンプが勝手に入力されてしまうというもの。絵文字を送信しようとしても送ったはずの絵文字ではなく、スタンプが送信されてしまうという現象も起こり、その後は再起動しない限りテキストを送るたびに同じスタンプが送信されてしまう。スタンプの内容によっては「やたらとあいさつする人」「やたらと焼肉をおごってと頼んでくる人」のようにみえ、思わずくすっと笑ってしまうが、スタンプが大量に送り付けられるという状況が発生するのは、やっかいといえばやっかいだ。他にも、「ビデオ通話をしようとしても、カメラが起動せず利用できない」といった不具合が確認されていた。

LINE、バグ発生も素早く対応! ふるふる特許侵害など信頼回復への必死感が漂うのページです。オトナライフは、【SNSLINE】の最新ニュースをいち早くお届けします。